CDの整理

 去年の3月に、ほぼ一週間かけて自分の部屋を長男に明け渡し、長男の部屋に二男を昇格させ、二男の部屋、つまり一番狭い6畳間に自分が移り住んだのだが、その引越し作業の中で、手付かずのままだったのが、400枚を越えるCDの整理だった。とりあえず、ほとんど聴くこと無いであろう200枚近くを近くのブックオフに持ち込んで、半日かかりで査定してもらい、1万20111117imgp0146_円弱のお金を手にしたのだが、その時に手持ちのままにしたものを段ボール箱に入れたまま、押入れの中にしまっていたのだが、何か聴きたいな、という時に、4箱の段ボール箱をひっくり返して探し出して、みたいな非効率的なことをしていたので、正月休みを使って、なんとかせにゃと思っていたのだが、朝から機嫌よく酒など飲んでしまうと、その気も薄れ、結局、一念発起の末、この土・日で手をつけることにした。

20111117imgp0153_  幸い、3月以降、聴いたCD、約80枚ほどは別の段ボール箱に移し変えていたので、これはそのまま「お気に入り」ということで、書棚の空いたスペースに押し込んだ。実は昨年も月に3,4枚のペースで購入していたので、それなりに増えていたのだが、残った300数十枚のCDを、演奏者毎に整理し、これまで文庫の書棚にしていたものに詰め込んだ。さらに、あまり聴くことも無いだろうと思われる100枚近くが、結局、またダンボール箱にお蔵入りとなった。

演奏家別所有枚数5枚以上は以下のようになった。

1.マルタ・アルゲリッチ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・24枚
2.小澤征爾・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・18枚
3.ヘルベルト・フォン・カラヤン・・・・・・・・・・・・・・15枚
4.ブルーノ・ワルター・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・13枚
4.アリス・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・13枚
6.ウィルヘルム・フルトヴェングラー・・・・・・・・・・9枚
7.レナード・バーンスタイン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・8枚
8.カール・リヒター・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・7枚
8.阿川泰子・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・7枚
10.サイモン&ガーファンクル・・・・・・・・・・・・・・・・・・6枚
10.グレン・グールド・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・6枚
12.吉田拓郎・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・5枚
12.カール・ベーム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・5枚
12.谷村新司・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・5枚
12.ディートリッヒ・フィッシャーディースカウ・・・・・・5枚
12.麗美・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・5枚

意外だったのは、学生時代、積極的に嫌っていたカラヤンのCDを結構、持っていたことと、対極的に、大好きだったベームのCDは3分の1しか買っていなかった。そういえば、ベームの演奏はNHK-FMのライブ録音をエアチェック(懐かしい言葉だなあ・・・)して、カセットテープに取り溜めては、聴いていたので、結構、聴いているつもりになっていただけなのかも知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コンビニエンス!

 昨年末から、自宅の前の元荒川の護岸工事が始まった。飯場とまではいかないものの、プレハブの現場事務所が建って、仮設トイレや自動販売機などがお目見えしている。片田舎であるから、私の自宅から一番近いコンビニまで20111117imgp0138__2 でも、車で7~8分かかるので、歩いて1分ほどの所にある、この自販機は結構、コンビニエンスである。

  何しろ全品100円であるから、コンビニよりも安い。ソフトドリンクだけではあるが選り好みさえしなければ、かなりお得である。仮設トイレも、土手の上の遊歩道をジョギングしたり、散策している人たちが結構、利用している。

 別に業者の人が寝泊りしているわけでも無さそうなのだ20111117imgp0139__3 が、一晩中、明かりもついているので、街路灯も乏しい我が家の近辺では、ありがたい防犯灯代わりにもなっている。(でも、こんな経費の無駄遣いでいいのかしらん。これも税金だよね~)

 ただし、工期が3月までなので、この即席のコンビには、春の訪れとともに無くなってしまうことになっている。この便利さに目覚めてしまうと・・・ 遊歩道のお休み処として残してもらうわけにはいかないのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

見事な隠れ区間賞

 溜飲を下げるとはこのことかな 8区の永井秀篤が1時間6分10秒で公式記録なしではあるが、堂々の区間賞である。 6区の代田修平も59分1秒で3位の成績だった。全体として決してモチベーションが高くはなかったとい思うチーム状況の中で、この記録は立派でした。

 永井が2年生、代田が3年生なので、これに今年ブレーキにはなったが、新庄翔太が奮起し、西島、大家などが復調してくれば、必ずや予選会を突破してくれるでしょう。何よりも、今年、予選会から上がってきた日体大が総合優勝したのですから、励みになりますよね。後は、鬼門の5区を走りたいというスペシャリストの養成が鍵です。平地はまったくダメでも、山登りが得意なランナーよ! 中大を目指せ!

 できれば、今年の悔しさをバネに新庄が5区を走ってくれれば、夢の翔太対決が見られるんですけれどもねえ・・・。

 でも、そうしたら、ああ、どっちを応援しようかしらん・・・ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新「山の神」誕生か

 正月の楽しみといえば、箱根駅伝だったのに・・・。母校は二区で躓き、挙句の果てに五区でリタイヤしてしまった。これで、連続シードの記録は28年で途切れてしまい、最悪、今年の予選会を突破できなければ、最多連続出場記録も、という窮地に追い込まれてしまった。 

 母校・中央大学はここ数年、5区の山登りが鬼門となっています。6区の山下りにスペシャリストが揃っているだけに、「ここさえ凌いでいけば、優勝争いにからめるのに」という年が何回もあったわけです。八王子の山の中で練習できる環境は揃っていると思うのですが、何故なんでしょうか。

 こうなると、箱根駅伝のない(正確には母校の出場しない)お正月など考えられない。ふてくされて自棄酒でも呷るしかないところだったが、往路優勝した日本体育大学の立役者、3年生主将の服部翔太は注目です。

 なぜかと言えば、地元鴻巣市の出身だからですし、実家も私の家から極近く、私の父親に言わせると、「ああ、エッちゃんの孫だよな」という位、彼の祖母がウチのご近所の方だったので、私の友人にも親戚筋がたくさんいるからです。

 彼の力強い走りに元気をもらって、明日のオープン参加の母校の選手諸君の応援をしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一富士 見たか 三・・・

 もちろん、初日の出は何回も見ているが、残念ながら自分の部屋から見ることはできない。東側の隣家の屋敷林が落葉した後でも、かなり密集した枝のせいである。そこで、パジャマを着替えて、簡単な防寒対策をして、でも履物はサンダル程度で、自宅から50メートルほど歩いて、元荒川の土手の上に行かなければならない。

 神々しいまでに凛とした冷気の中を、吐き出した自分の生温かい白い息を浴びて、土手を下流に向かって歩き出す。上空はもう青空といっても良い、西の空には去年の姿をひきづったままの白い月が浮かんでいる。少し雲がかかっていたので、多分、初日の出は顔を出しているのだろうが、自分の肉眼では捉えられない。20111117imgp0127__3

 7時8分、ようやく陽光が輝きだしたと思うと、瞬く間に辺りが真っ白になった。川面には、カワウやらカモやら水鳥たちが悠々と波紋を広げながら上流に向かって泳いでいる。以前と違い、土手の上の霜柱を踏む音や、雑草の霜の輝きやらといった光景は無い。昨年、遊歩道として整備されてしまったので、アスファルトを踏む乾いた靴(サンダル?)音だけが響いている。

 ふと目を西の方に向けると、雪をいただく富士山があった。冬の夕暮れに暮れなずむ黒富士は普段、見ているが、思えば元日の朝、こうして富士山を見たという記憶がない。感慨に耽っている内に、どんどん太陽が上昇して、辺りが明るくなるにしたがって、富士山の姿はぼやけてきた20111117imgp0135__3 。こうして、一瞬の間だけしか顔をのぞかせないから、馴染みではないのかも知れない。

 「一富士 二鷹 三茄子 四扇 五多波姑 六座頭」

 初夢に見たいベスト6ですが、新年早々、実物の富士山を拝んでしまったのだから、今年は良い年になるのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«臘月独興