トップページ | 2005年10月 »

たまみや?

 田間宮という地区の名前なのだが、鴻巣市の住所・地名には一切存在しない、という珍しいものである。なのに、鴻巣市立田間宮小学校、埼玉県鴻巣警察署田間宮駐在所、鴻巣市田間宮生涯学習センター、田間宮学童保育室など公の施設の名称には結構用いられている。
 不思議に思ったご主人が近所に住むお年寄りに尋ねたところ、鴻巣市ができるまで、この辺りは
田間宮村という村だったので、現在でもこの地名が使われているのだとか。ちなみにこの「田間宮」というのは、旧田間宮村が成立するまで存在した糠田村、大間村、宮前村の三村のそれぞれの一字をとって合成した地名だとも教えられた。この三つの地名は現在でも鴻巣市の住所に大字(おおあざ)がついた地名として残っているので、「なるほど」と合点した次第だ。昨今の市町村合併では、「南アルプス市」だとか「西東京市」とか、安易なネーミングが目立つ(南セントレア市は実現しなかったが)が、平等に一字ずつとって、というのは如何にもニホン的でよろしいのではなかったか、と思う。
 同じ一字ずつでも、逆のパターンだと「糠大前」とまったくサマにならないし、順序を入れ替えただけでも「宮田間」「間田宮」「宮間田」「田宮間」「間宮田」など、となるが、なかなかどうして「田間宮」に落ち着くまでの当時のお偉いさんたちの喧々諤々を想像するとなかなか楽しいものだ。ちなみに「田間宮」と入力して検索してみても引っかかるのは鴻巣市に関するサイトだけであるのは正直言ってスゴイと思う。
 確か、東京の大田区は23区に統廃合される前の大森区と蒲田区が統合された名前だった筈だが、これは、地名が残っているから、ましなほうだろう。国立市なんて、国分寺市と立川市の間だから、とかいう理由で一字ずつ頂戴した市名であった、と思う。なんともいい加減なものだ。でも、別に山口百恵が住んでいるから、というわけではないが「くにたちし」というネーミングはカッコいいよね。
 ところで、転入した当時、役所でもらったガイドマップによると田間宮地区内には、他にも栄町とか、緑町、堤町、幸町、北中野、それと我輩の御主人の住まいのある登戸という地名もあるのだが、これらはいったい、いかなる理由で、「田間宮」から置いてけぼりを食わされてしまったのか、謎は深まるばかりである。もっとも、大字(おおあざ)がついた地名は、旧の村名を表すのだと、昔、伝え聞いたことがあるから、田間宮村を構成していたのは前述の三村と登戸村、北中野村の5村だった、とも考えられる。もし、5村の名前から1文字ずつをとって村の名前を考えるとすると、結構大変だったろうな。今となってはどうでもいいことだけれども・・・。
P8230001 あと、北中野という地名があるのに、中野あるいは南中野的な地名が鴻巣市には見当たらないが、これも誰か心当たりのある人がいたら教えて欲しいものである。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

我輩は(=^・^=)である

 我輩は(=^・^=)である。名前はまだない。はじめに、我輩が(=^・^=)のくせに、なぜキーボードをたたけるのか余計な詮索を読者諸子はしなくてよろしい。
 パイロットを職業とするご主人が単身赴任するにあたり、この4月から
埼玉県鴻巣市(こうのすし)登戸(のぼりと)というところに一緒に越してきた。
 ご主人は仕事柄か性格からか、いつも忙しそうにしている、のが好きらしい。実際に忙しいとは決して思えないが、我輩の名前をつけてくれないのも「忙しい」という理由である。
 「金色の髪の少女」でお馴染みの
アメリカのデビュー曲は”A Horse with No Name(名前のない馬)”であったが、とりあえず、「名前のない(=^・^=)」というのでは、これからこのブログに対するコメントをお寄せするみなさま(いたらの話だが・・・)に何かとご不便をおかけすると思うので、「たまみやん」と名のることにした。もちろん、これは通称名であって、戸籍上の名前でも、住民基本台帳上のものでもない。
 なぜ、「たまみやん」かと訊かれれば、単身赴任のご主人が2年間寓居をかまえることとなったこの地区が田間宮(たまみや)地区と呼ばれているからに過ぎない。賢明なる読者諸子は、(=^・^=)ならば(=^・^=)らしく「たまにゃん」とすればいいではないか?といぶかられるかも知れないが、ロンドンのウエスト・エンドの劇場裏で生ゴミをあさっていた我輩を拾い上げ、ミョーに香ばしい食べ物(あとでこれを日本では鰹節と呼んでいるらしいと知った)をくれたのが、ご主人であり、このミョーな食べ物の後味に心引かれて、故郷を離れる決心をしたITオタクのジェリクルキャッツ(人の言葉を理解し、話せる(=^・^=))が我輩なのである。
 もちろん、ジェリクルキャッツは、人には知られないもう一つの名前を持っていることはミュージカルファンのかたならお判りであろう。しかし、この本名は人には決して知られてはならない掟なので、ここでは勘弁して欲しい。
 とりあえず、これから約1年半の滞在中、我輩なりの徒然草を書き記していきたいと考えるので、ときどき覗いてやって欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

トップページ | 2005年10月 »