« のび太うどん | トップページ | 音楽のことなど・・・ »

NO SIDE!

 ラグビーシーズンもいよいよ佳境に入ってきた。鴻巣に住んで嬉しいのは県営熊谷ラグビー場までクルマで30分もかからない、ということだろう。特に今年は関東大学リーグ戦で母校の試合が4試合も組まれているのでハラハラドキドキ連続の週末である。

 ひと頃のラグビーフィーバーが一段落し、というよりも三段落もしてしまったかの感が否めない。TVドラマのスクールウォーズ、ユーミンの「ノーサイド」が流行した(※個人的にはユーミン盤よりも麗美の歌った盤のほうが断然好きなのだが・・・)頃は、異常なくらい盛り上がって、まさに猫も杓子も、というくらいに秩父宮や国立競技場に女の子が押しかけたりもしたが、Jリーグの登場で、本当に静かにラグビーを観戦できるようになった。いわば本来の姿に戻ったのだ。

 しんしんと底冷えのするスタンドでじっとゲームを見守り、スタンドオフからのパスがセンターからトップスピードのウィングへとわたる頃には、期待と悲壮感の入り混じった歓声が湧き上がり、スタンド全員が総立ちになる、トライが生まれ、僕はやっと我に返って愛用のスキットルに入った冷たいウイスキーをグビリとやる。のどから食道、胃袋へと熱い液体が移動して体中が燃えるように熱くなる。見るものも静から動へのダイナミックさを体験できるのはラグビーくらいだろう。

 僕がラグビーの話をすると、「観戦が趣味なんですか?」と訊かれる。どうも僕がラグビーを高校から大学にかけて腰を悪くしてやめるまで、4年半ではあったけれども、プレーしていたというと、大体の人は「え?」と意外な顔をする。就職してからも2年ほど、県西部のある私立高校のラグビー部の監督になった元チームメートに誘われて週末だけのコーチなどもしたが、今でこそ健康診断で「やや肥満」と出てはしまうが、就職したばかりの頃は今よりも14キロは肥えていた。内臓をこわして入院、2週間の絶食と退院後3ヶ月に及ぶ野菜とヨーグルトが主食みたいな生活を経て、自分で筋肉だと思っていたものが固めの脂肪だったことに気づいたのは12年前だった。

 僕とラグビーとの出会いは高校時代。2年生の冬の体育はラグビーと決まっていた。僕はド近眼で小学5年生からメガネをしていたのだが、ラグビーのときは当然、はずしていた。あまりボールが見えないこともあり、大体、人の流れを追いかけて、ほとんどボールに触ることはなかったが、あるとき、僕のほうにボールを抱えて走りこんでくるヤツがいる。僕よりかなり身体は小さそうだったので、何のためらいもなく、2,3歩横に動いてタックルにいった。「バシっ!」という小気味よい音をたてて、あっけなく彼を倒すことができた。

 「ちっくしょ~!」 という声を聞き、僕はあわてて彼の顔をまじまじと見た。
 「やばい・・・」 背筋がヒヤリとした。僕が倒したのは喧嘩っ早いことで知られる空手部のM君だったのだ。それも直前の授業時間、彼の落とした消しゴムを踏んだ、踏まないで隣の席の男と授業中に取っ組み合いの喧嘩をして、かなりエキサイトしていた筈だ。
 僕は、彼の身体にまわしていた両腕を素早くひっこめて「大丈夫か?」と恐る恐る尋ねた。周りのみんなも事の成り行きを固唾を呑んで見守っている、という感じでかなり重苦しい空気が流れていたように思う。
 彼は、黙って立ち上がり、持っていたボールを地面にたたきつけ、ジャージの土汚れをはらいながら、じっと僕の顔を下から見上げた。
 僕は彼の視線から目をそむけて「ご、ごめん!」と震えた声を搾り出したものだ。
 彼は、ニヤリと笑い、僕の手を軽く握って、「ナイスタックル! まさか、おまえに倒されるとは思わなかったな~」と言って、辺りを見回して、「おい、何やってんだよ。早くラグビーしようぜ」と、そのまま走って行ってしまった。図体ばかりでかくて、運動神経はゼロ、体育の時間はほとんど目立たない存在の僕に倒されたのが、恥ずかしかっただろうか? 

 でも、この瞬間に、ノーサイドのスピリットとタックルで相手を倒す快感とに僕は覚醒してしまったのであった。

★★★ Reimy(麗美) ★★★

1965年生まれ 沖縄出身。姉はグラビアモデルとして一世を風靡した堀川まゆみ。
1984年 姉と同じモデルをしていたところをユーミンの夫、松任谷正隆に見出され、アルバム”Reimy”、シングル”愛にDESPERATE”でデビュー。引退するまで12年間にベスト盤を含め、25枚のアルバムと23枚のシングルをリリース。姉のMAYUMIの作詞に曲をつけた作品など他のシンガーへの提供も多数。 引退後10年を経過してもベストアルバムがリリースされるなど数は少ないものの熱心なファンが多い。(私も含めてですネ・・・)
 インターネットがわが国で普及を始める前に引退なさったので、ご本人の公式ホームページはないようです。

|

« のび太うどん | トップページ | 音楽のことなど・・・ »

「ラグビー」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

コメント

私も熱心なファンの1人です。「ノーサイド」も良かったですね。

今回の花園でテーマ曲として使われるみたいですが、麗美の方を使って欲しかったというのが率直な気持ちです(ユーミンも好きですが)。
TBもつけさせていただきました。
それでは…。

投稿: Blue Sky | 2005年12月 6日 (火) 18時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132155/6254681

この記事へのトラックバック一覧です: NO SIDE!:

» Reimy(麗美)『Fotune Kiss』 …永遠の愛について… [My favorite]
今年も紅白は良く分からない人選で行われるようだ。信念のない番組ほどつまらないものはない。いや、それともゴリエを紅組で出すということは、吉本ばりの大衆迎合型の芸能路線に完全に徹するということか。 ただ、そういう皮肉は的外れなのかもしれない。もともとTVは高..... [続きを読む]

受信: 2005年12月 6日 (火) 17時51分

« のび太うどん | トップページ | 音楽のことなど・・・ »