« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

年の別れ

あっという間に大晦日である。クリスマス前から、風邪気味でなんとなくすっきりしない気分のままで新年を迎えそうである。そういえば、去年の大晦日は大雪の中、買出しに出かけたっけ。

思えば、勢い込んでブログを立ち上げてみたものの、8月末の細君の病気・入院騒動が勃発して出鼻をくじかれて、気ぜわしい気分のうちに年の瀬である。退院後も細君の体調は思わしくない。自ら年賀状で「身も心もボロボロの一年」とこの一年を振り返った由。「更年期障害の辛さなんて男にはわかないでしょうね」と自ら更年期障害を克服したという担当の女医さんに言われたのだが、更年期障害に苦しむ細君を見守る男の辛さは女にはわからないでしょうね。

いつもなら、細君がやっていてくれる家の掃除も手付かずのところがかなり残ってしまい、ところどころ穴の開いた障子や緑色に濁った水槽に目をやりながら、いつになく普段着の正月、ということになりそうである。そうはいっても、正月は明日やって来てしまう。 弟家族に手伝ってもらい、昨日、餅つきも無事済んで、御供えやら、門松やらを飾りつけ、なんとか気分的には正月らしくなってきた。

門松は 冥途の旅の 一里塚 めでたくもあり めでたくもなし

ふむ、新しい年になるとすぐにまたひとつ年齢を重ねてしまう。そういえば、最近、右肩の上げ下げがツライ・・・。

紅白歌合戦のラインアップを見ても58組中、歌手の名前と顔が一致するのが31組しかいない。年々、その数が減っていっては見る気もしない。その代わりにテレビ東京の「年忘れ  にっぽんの歌」などはハッキリいって安心して見ちゃったりするような年齢になったのだ。

堀口大學の詩に「年の別れ」というのがある。多田武彦が曲をつけて男声合唱組曲「人間のうた」の最後の曲だった。大体、年末に行われる合唱団のコンサートのアンコールには毎年、2,3のステージで必ずといっていいほど歌われるほどの人気のあった曲だった。自分は4年間男声合唱をやっていたが1度しかステージで歌わなかったので、歌詞はうろ覚えで自信がないが、大晦日になると無性に口ずさみたくなる。

逝く年は音にさえ立てぬ
逝く年は女であるか 
盛りゆく影が侘しい
うなだれて見返りがちに
盛りゆく後姿が 
捨てられた女のように
別れゆく影が淋しい 
女なら嘆きもしよう
逝く年は音にさえ立てぬ
野の末の流れのように 
年が逝く 風に光って
唖の子の恨みさながら
目に涙いっぱいためて

最近知ったことだが、現在では、組曲「人間のうた」からこの曲だけが抹殺されて、別の曲が入れられたという。最後の「唖の子(おしのこ)」という言葉が差別用語というのが理由なんだとか・・・。そういえば、10年ほど前に、慶応義塾ワグネルソサエティーの定期演奏会(確か新宿厚生年金会館だった)に行ったとき、この部分が「物言えぬ恨みさながら」と換えて歌われてビックリしたのだが、現在では作曲家自身の判断でこの曲がお蔵入りとなったという。多田先生の曲では同じく男声合唱組曲「雨」の中に「十一月にふる雨」という佳曲があったが、これも歌詞の中に「非人の小屋も濡れにけり」という一文があり、同様の理由で別の曲に差し替えられてしまった。確かこの詩も堀口大學だったような気がする。

「好きだった歌」が楽譜もレコードも消えてしまう。知らないうちに、自分の刻んできた歴史が、後からかき消されていく、というのも寂しいものだ。

自分にとっては、この曲がこの1年への惜別の歌に相応しい、第9の「歓喜に寄す」の如く、「新しい年よ、いらっしゃい~」みたいな気分で新年を迎えるのは少々カッタるくなってしまっているのかもしれない。

除夜の鐘が響いてきましたね。では、よいお年を・・・!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とまとらーめん

 久しぶりの気になるお店は、女性に大人気のトマトラーメンの西澤屋である。
 場所は、先日の話題になった吉見町だが、店の前にある荒井橋という荒川にかかる橋を渡ると北本市になるので、うん、どちらかといえば北本という認識でいたのだ。なにしろ、北本はトマト大福なんていうお菓子が名物だったりするところだし、昔、鴻巣にあった国立の農事試験場というところで、日本で 初めてトマトを栽培したのだそうだが、そのトマトを使った国内初めてのケチャップ(トマトソース?)工場が、北本市にはあったのだそうだ。
だから、この辺では吉見といえばイチゴ、トマトといえば北本市なんだとか。 

 その吉見町の通称イチゴ街道と呼ばれる、イチゴの直売所が連なる県道沿いにその店はあるのだ。

 本来ならば、根っからのトマト好き(そういえば、「冒険ガボテン島」というアニメに出てきたヒロインはトマトちゃんだったなあ・・・)の僕が、この店に入店するのに何度も二の足を踏んだ理由というのが、この店の近辺、どこにでも看板で現れる「女性に大人気 トマトラーメン」というフレーズなのである。

 つまり、女性に人気ということは、男が食べても旨くないのか?

ということになる。それとも、単にヘルシー志向ということなのか・・・。

 今でこそ、うら若き女性が人気ラーメン店の行列に加わり、ひとり黙々とラーメンをすする光景など珍しくもなくなった(最近は牛丼チェーン店にまでそれらしき女性が出没するようになった・・・ガ~ン!)が、今から30年前、あの白雪姫と謳われた歌手の天地真理なぞは、月刊明星の中で、「いやーねえ、私、ラーメンライスなんて食べないわよ~」とのたまっていたのを読んで、「やはり芸能人はラーメンなんか食べないんだなあ~」なんて思い込んだりしちまったものだ。(確かに当時は、「天地真理はウンチをしない」、と頑なに信じられていたりしたものだった。 ちなみに私の大学時代の後輩のT君は四国ナンバーワンのキリスト教系中高一貫私立校の出身者であるのに生粋の天皇崇拝論者であったが、「天皇陛下や皇族のかたがたは決してウンチをしない」と信じていたのに、昭和天皇が倒れられて、下血された、というニュースを聞いて、「嘘です! マスコミは皆嘘つきです!」と涙ながらに電話をかけてきたっけ・・・)

 ともかく、私が店に入った途端に、店内所狭しとひしめいた女性たちがトマトラーメンの赤いスープを唇から滴らせて、一斉にこちらを振り向いたら、どうリアクションしようか?悩んでしまったりもしたのである。

 然しながら、私が行ったときは、ランチタイムをかなり過ぎて、2時少し前で、店内には一組の若いアベックと、カウンターに一人しか客がいなかった。アベックの女性は普通のしょう油ラーメンを食べているらしくて、「女性に大人気」というフレーズに真偽を確かめるすべもない。

 やはり、こうなりゃ自分の味覚で試さなければ・・・

 「あのう、トマトラーメンひとつお願いします。」

 メニューには780円とある。僕はいまだに500円以上のラーメンにはそれなりの価値を求めることにしている。 ラーメンも炒飯もワンコインで食べられてこそ、庶民の味であろう。 780円を投資することは、差額280円の価値はどこにあるのかを追求する旅路へと僕を誘うことになる。

  残念ながらデジカメのバッテリーが切れてしまい、現場写真はお見せできないのだが、トマトラーメンというからにはやはり、スープはトマトジュースのように真っ赤っかである。 トマトのスープスパゲティを思い起こしてもらいたいが、麺の上には、玉ねぎやピーマンの炒めたものを卵でとじたものが横たわっている。 一口すすると、やはりトマトスープのパスタみたいな味付けだ。私は基本的に酢をつかったすっぱいものは苦手な部類なのだが、トマトの酸味だけは大好きなのだ。麺は中太の縮れ麺。川越の銀杏軒のものであることは店の入り口に積んであった木製の箱で確認してある。卵も東松山の藤原養鶏場のものだ、ということもメニューのトップページに書いてあるので、それなりにこだわっているのだろう。

 だが、一言言わせて貰えば、香辛料がきつ過ぎる。ビールを飲みながらであれば、これもいいのだが、せっかくのトマトのうまみをかき消すほどの胡椒の量があらかじめ使われている。 もう少し、お客の嗜好に合わせては後から調整できるようにしてはどうか? それと折角ここまでイタリアンにしたのだから、とろけるチーズをトッピングしてみてはどうだろうか?

 それにしても、吉見町はいちごで有名なのに、トマトで攻めてくるとは?

  「今度は、いちごラーメンにもチャレンジしてみてよ」

 レジで代金を払ったときに、冗談半分に言ってみたのだが、調理場の髭のご主人には聞こえなかったのか、ニヤニヤ笑いながら、ラーメンをゆでていた。

 あるいは、もうすでに、日本初のイチゴラーメンが・・・完成間近なのか?

 う~ん、今度は、メニューに書いてある「ワニのステーキ(1300円)」を食してみよう!

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

さて、たまみやんの評価は ☆☆ふたつでした!

なお、私の評価基準は次のとおりです。
☆☆☆・・・何回でも来て、同じものを食べたい。
☆☆・・・・・話の種に誰か連れてきてもいいかな。
☆・・・・・・・他にお勧めメニューがあれば食べてもいいかな。
★・・・・・・・どうしても腹が減っていれば来るかもしれない。
★★・・・・・二度と来ることはないだろう。多分・・・
★★★・・・明日、火をつけてやるから待ってろよ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

いるみねーしょん

 今週は、今日まで一週間、久しぶりの本社勤務だった。10月に大幅な組織替えや人事異動があって、以前いた部署もフロアが移ったり、メンバーもかなり入れ替わったりで、まだ1年経っていないのに、浦島太郎モードになってしまった。

 午後のミーティングの休憩時間に、「そういえば、Mさん。お隣の吉見町でイルミネーションがきれいな場所があるそうじゃないですか? 新聞に載ってましたよ」と言われたので、帰りがけにちょっと寄ってみた。

 イルミネーションフェスタ2005というのを吉見町のフレサよしみという名前の町民会館で開催している。今年で3回目だそうで、25日の午後9時までやっているそうだ。この会館は、今度の17日に国府弘子のコンサートがあるのでチケットを買いに行ったのだが、すでに完売していたのだが、そのときはこんなじゃなかった。PC160113

 ちなみに会館の中の喫茶室からこのイルミネーションを楽しみながら200円でコーヒーも飲めるとあって、満員だった。建物の上から眺めてみたいというのが人情なのだが、2階へ続く階段は「関係者以外は立ち入り禁止」となっていた。

 「キャー! なにこれ! 税金の無駄遣いよね~! でも、綺麗だから許しチャオ~」とOLと思しき二人組が黄色い声を上げていた。

 PB040050吉見町では、ここから2キロほどのところにある「道の駅よしみ」でも夜間ライトアップしていて、どちらも、ほとんど人家のない場所のため、エラク目立つのだが、もともと人口の少ない町なので、あまり見物人はないようだ。

  最近は、よく民家でもド派手なイルミネーションを飾っているところが多いが、東京電力さんばかり儲けさせて、こういううちはよほど経済的にも精神的にもリッチなんだろうなあ。 お金を使って周囲の人の目を楽しませてくれるのだから、金はあるのはわかっていても泥棒さんもこういう家には入りにくいだろうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

苦手な味~Part2

 引き続いて苦手な味について。

 家族全員が共通して苦手だ、という食べ物があれば、それはそれなりに立派なその家の文化として成立するだろうが、なかなかそういうわけにはいかないものだ。

 ちなみに、私の父親は鶏肉が大の苦手である。理由は、昔、実家で飼っていたニワトリ。 昭和20年代、終戦後の食糧難の時代、貴重なタンパク源であった卵を採るために飼っていたらしいのだが、なにか祝い事があったりして、親戚や近所の人が大勢うちに集まってご馳走、という段になると、決まって鶏小屋からニワトリが一羽ずつ消えていった、すなわち、絞められて、振舞われ、みんなの胃袋に収まっていったのだという。 絞めて、首を落とし、羽をむしりとり、肉をさばいて、という一連の作業は家長である祖父が受け持ったらしいのだが、幼心に衝撃的な惨劇を目の当たりにして父親は爾来、いっさいの鶏肉を拒絶するようになってしまった。 

 私は私で、一時期、豚肉がまったくダメだった。 理由は親父とほとんど同じだ。 私の家では、鶏小屋の裏に豚舎もあって、数は多くはないものの豚も飼っていたのだ。 戦前は敷地内に馬小屋も牛小屋もあったらしいのだが、馬も牛も軍隊に供出ということになって、背中に日の丸の旗をかけられて、トラックに載せられて連れて行かれたきり音沙汰なしのままだったとか。  まあ、今だったら観光ファミリー牧場の営業ができそうだが、残念ながら豚は卵を産まない。 なぜ、飼っていたかと言うと肉を食べるわけではない、肉屋に売って現金収入を得るためなのだ。

 年に何回か、トラックがやってきては我が家の豚を1頭ずつ載せて行く。 豚は「キー、キー」泣き叫び必死に抵抗するものの、両耳をひっぱられ、背中を棒で叩かれ、尻を蹴飛ばされて、次第に荷台へのスロープを登って行く。 私は涙をいっぱいにためて「やだア~、花子を連れて行かないで~!」と懸命に遠くから抗議するのだが・・・ 。 
 果たして、何日か後に、母親に手を引かれて町へ買物に行き、精肉店の前を通りかかると、無残にも顔から尻尾にかけて奇麗に半分に切り分けられた花子(本当に花子かどうかは定かではないが・・・)が店の壁にぶら下がっているではないか。 

 Oh! My God! 花子お~、花子よオ~・・・(>_<)

というわけで、それ以来、約3年ほど豚肉が食べられなくなってしまったのだった。 
豚肉が食べられるようになったのは、生まれて初めてカツ丼を食べさせられたからである。トンカツが豚肉だと知っていたのだが、カツ丼の卵にとじられた肉がトンカツだとは知らされずに、だまされて食べさせられたのだった。あとはもうなし崩し的に・・・

 味が嫌いというより、こういう幼少期のトラウマが原因で、という苦手な食べ物が多いのだろうなあ、と感じる。

 私の4つ違いの弟は、3歳くらいのときにウナギの蒲焼の小骨がノドに引っかかり、大騒ぎをしたので、いまだにウナギがだめだし、親戚で鯉のあらいを作っているのを見物していて、さばかれた半身の鯉が生板の上でパタパタ動いているを見て、ショックを受けて、そのまま家出騒ぎを起こしてしまったので、鯉料理もいっさいダメである。

 私の細君はというと魚は煮魚も焼き魚もダメ! 小さい頃、母親に「カルシウムをとらないと骨が丈夫にならない」と、無理やり、味噌汁の出汁をとった後の煮干を口の中に押し込まれて、泣く泣く咀嚼して飲み込まされた、といううらめしい経験があるのだという。 よって煮干や鰹節で出汁をとった味噌汁は飲まない。 ただし、刺身は大好物で寿司も大好き、生の魚なら大丈夫というワイルドな人間だ。 あとは、年中、妊娠中みたいな感じで、酸っぱいものが大好きで、酢の物やドレッシング、梅干などは平気なのに、マヨネーズだけは口にしない。  

 長男は、やはり母親じこみでマヨネーズはダメ。 子どものころは好きだったのに納豆もダメ。  そしてワサビがダメなので、高校生になっても刺身や寿司もさび抜きでないと食べられない。

 次男は、1歳になるかならないかの内から香辛料大好き、辛いもの大好き、しめ鯖大好き、と将来の大酒のみを予感させたが、現在は、ぬるぬるしたもの、キノコ類や海草類がまったく食べられない。

 マヨネーズに関しては私と次男は大好物で、おかずがなければ、ご飯にマヨネーズでもいいし、納豆、食パン、なんでもマヨネーズでOKなのだが、細君と長男はマヨネーズはまるで邪悪なものとして、口にする私と次男を蔑んだ目で見たりする。 

 いや、こうなると結構、我が家の食事の準備となると大変なことになる。最近は結構メイメイ好き勝手に好みの味付けにするように入れ替わり立ち代わり台所に立つようになったのだが、当然、食卓を囲んで一家団欒という、寺内貫太郎一家のごとき光景は望むべくもない。 たまに外食に行っても、各自注文するのはバラバラで、全員が同じものを食べるなんて稀有なことだ。 なぜ、みんなこんなに食卓の上で自己主張するのかねえ。 ホントに・・・。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

苦手な味・・・

 めっきりと冬らしくなってきた。 近くを流れる荒川の大間土手から見る富士山は本当に霊峰富士そのもので「ここって埼玉?」という感じなのだが、以前、電車の中で誰かが「富士山と花火大会が自宅から見えるところに住みたかったんだが、鴻巣は最高だな~」と話していたのを聞いて、「あ、うちの近所に違いない」と思わずニンマリとしてしまったのだが、あとで写真をアップしたいと思う。

 さて、今日、職場でちょっとした話題になったのが、「嫌いな食べ物」だった。たまたま、職場の近くにできた仕出弁当屋さんが「明日、試食用のお弁当をもってくるのでヨロシク」と挨拶にきたのだが、明日のメニューが「鯖の塩焼き」というのを聞いて、二人いる女性陣が難色を示したのだ。

 一人はヒカリ物は一切ダメで、もう一人は「鯖の味噌煮やしめ鯖は食べられるのに塩焼きは苦手」なのだという。で、結局、鳥のから揚げにチェンジするということで決着したのだが(私は明日は、休日出勤の振替でお休みする予定)、暫しの間、苦手な食べ物の話題で盛り上がったのだ。

 自分は子どもの頃は結構好き嫌いがあったのだが、酒を飲むようになってから、極端に嫌いなものが減った。あえて言えば「ナスの漬物(糠漬け)」が食べられない。幼稚園の年長の頃までは、ナスの漬物が大好物で、近所の家に遊びにいくと、「Yちゃんはナスの漬物が好きなんだよね」といって僕一人のために丼一杯のナスの糠漬けを出してくれ、私も期待に背かぬようペロリと平らげたものだものだが、あるとき、隣の家で出されたラーメン丼に山盛りとなったナスの糠漬けを食べているうちに気持ちが悪くなってしまい、顔が青紫色になり、かなりの高熱を出して、3日間幼稚園を休んだのだった。 お医者さんいわく、「一度に過度の塩分(塩化ナトリウムか?)を摂取したため」だという。 そういえば、丼一杯の糠漬けにしょう油をドボドボかけて食べたっけ・・・。
 それ以来、ナスの漬物が食べられなくなってしまったのだ。焼きナスや天ぷらは食べられるのに・・・。

 親父などは、「ナスの漬物さえあれば、他におかずはいらない」というくらいなのだが、私はこれではまったく生きていけない。 なのに、実家の畑では夏から秋にかけて、毎朝毎朝、獲っても獲っても、これでもか、というくらいにナスがポコポコ湧いてくるのだ。 漬物はいうはおろか、天ぷら、焼きナス、おひたし、果ては味噌汁の具にと朝昼晩三食ナスのフルコースでは、さすがにウンザリである。 その中で、大人になって漬物以外は食べられるようになったものの、やはり、ナスの旬を迎えると、考えてしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »