« 博士の愛した数式 | トップページ | 冬のソナタ~雪の日のピアノコンサート »

霜柱

 今年は雨が少なくて乾燥しているせいだろうか? 朝、新聞をとりに門のところに出かけていって、ちょうど新聞受けの真下あたりに、いつもの冬なら霜柱ができるのだが、寒い寒いと言う割には全然見かけない。どんなに寝ぼけていてもザクザクっと霜柱を踏みしめる音を聞くと、目が覚めるものだ。

 正月に富士山に冠雪が見られなかったのが、マグマが山頂付近まで上昇して富士山自体の温度が上がったからではないか? 噴火が近いのではないか? と噂されていたが、本当のところは、雪自体が全然降っていないからだ、ということだそうだ。 ということで、霜柱ができないのも、雨が降らないからなのだろう。 決して、我が家の地面の温度が上昇しているわけではない。

 「少ない」といえば、スギ花粉も去年の一割程度だとか? それをテレビのニュースで聞いたとたんに、2,3日前から花がむずむずしていたのが、ケロリと直ってしまった。 現金なものだ。

 明日は雪が降るそうな。 職場の駐車場の雪かきが待っているのだろうか? 2,3日もすれば、職場の駐車場から職員用の通用口までの細長い土の道の部分に、霜柱ができそうである。

|

« 博士の愛した数式 | トップページ | 冬のソナタ~雪の日のピアノコンサート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132155/8254510

この記事へのトラックバック一覧です: 霜柱:

« 博士の愛した数式 | トップページ | 冬のソナタ~雪の日のピアノコンサート »