« 箱根でぐるナイのロケに遭遇す! | トップページ | 秋篠宮家第三子懐妊問題に思う »

不思議な辛さ 陳麻家

 気になるお店シリーズの第三弾は、「旨辛至福研究飯店陳麻家北本店」である。
北本店(北本市は鴻巣市の南側にある)というからにはチェーン店なのだろうが、別の店を見たことがないので、先日立ち上がったばかりの公式HPを調べてみると中国地方を除く全国に約20店舗を展開しているらしい。(埼玉県には3店舗。)
 「陳麻家は、サラリーマン層をターゲットとした、本格四川の麻婆豆腐と担々麺の専門店です。四川山椒や各種調味料を絶妙なバランスで配合したことで、おいしさを感じることができるギリギリの辛さを演出いたしました。名物「陳麻飯」など単品メニューでリピーターを作ることに成功しており、非常に経営効率が高い事業として注目を集めています。」
とあるとおり、かなり刺激的な味のお店である。 ガ~ン!! そういう私もいつの間にかレポーターになる前にリピーターになってしまっているのか・・・。

 僕にとって、この店の最大の気になる点というのは、昨年の11月から、060127_150022週一くらいのペースで、ちょくちょく食べに行っている(それもご自慢の麻婆豆腐と坦々麺だけを)のだが、いまだに、この店の味が「美味い」のか「不味い」のか判断できない不思議な味だ、ということなのだ。
 週一で行っている、ということを考えれば、それは「美味い」という証ではないか? と言われそうだが、だからといって、「ねえ、ここの店、すごく美味いから」と他人にお奨めできるか?というとまったく自信がない。それで、もう一度行って食べてみて確かめてみようかな、というジレンマに陥ることになる。 四川山椒という得体の知れない調味料にある種の媚薬が入っているのに違いない。

 いかにも中華、という感じのBGMが流れる店内に入ると、まず、食券を買う。 メニューはさほど多くないので、迷うことはない。なにしろ、辛い食べ物が死ぬほど好きだ、毎日食べたい!という人のためのお店だ。迷わず、陳麻飯(一般のお店の麻婆丼)と坦々麺のセット(写真のものはミニ陳麻飯セット830円)を注文する。 まるで吉野家並みに、すぐに陳麻飯が運ばれてくる。すぐ来るのに、惜しむらくは熱々の状態ではないのがいつも気になるのだが、昨年までは「もし辛いようでしたら、こちらの甜面醤(テンメンジャン)をお使いください」と一言ことばをかけてくれたものだが、最近はない。そりゃそうだ、ここに来る人は脳天にズキューンと痺れがするほど辛いものに飢えているのだから・・・。それにしても、「辛さが足りないようでしたら、こちらをお使いください」ではなくて、「辛すぎるようでしたら云々」というのが何となくカプサイシニストの自尊心を心地よくくすぐってくれる、というものなのに、この一言が年明けからなくなってしまったのがつまらない。

 それでいて、実は期待するほどの刺激的な舌がヒリヒリするほどの辛さ、というのではない。食べ出してから、暫くすると、額からジワリと汗が噴出してくるので、「あ!? 俺はもしかしたら今、辛いものを食べているのに違いない」と気づくような感じなのである。う~ん、やっぱり不思議だ。 

 坦々麺のほうはというと、ストレートの細麺である。こちらも最初に口にいれたときは、ちょっと戸惑う味だった。 辛さの未体験ゾーンに突入と言うか、今まで俺が食べてた坦々麺はもしかしたら淡々麺?あるいは耽々麺?という位にショックだった。 TVの激辛グルメみたいに真っ赤な色だとか、食べたと途端にむせこむようなことはないし、「み、水」と、ヒーヒーもがき苦しむようなこともない。 後からジワリと利いてくる辛さだけれども、もっと食べたくなる。 やっぱり麻薬的だ。

 初めて来たときは、陳麻飯を食べてから、坦々麺にとりかかった。 二度目のときはその逆。 三度目のときはチャンポンに食べたが、同じ辛さでも明確に違う辛さというか、まったく別々の自己主張をして来るので、そういう意味でも刺激的なひとときを過ごせるだろう。

 テーブルにはかなり面白い薀蓄が書いてあるので、これを読んでみるのも楽しい。

     人、三度、陳麻飯を食すとき、舌に天使が舞い降りる。
     人、初めて、陳麻飯を平らげるとき
     鮮烈たる香辛料の力は食した者の体内にて目覚め、
     凡庸たる食味に飽いた感性に炎を灯す。

     人、再び、陳麻飯を制すとき
     配合された香辛料の複雑な迷宮に迷い込み
     その絶妙なる味覚の競演に驚愕を覚える。

     そして、三度、陳麻飯に出会うとき
     人は食欲を促す四川山椒の奥に宿る旨みを堪能し、
     やがて恋に落ちるがごとく、味覚の虜となる。

     幸福なる発汗とともに、
         皆々様の舌上に天使の降臨せんことを願う。

060127_151452
 なお、店の駐車場の看板もこれはこれで楽しめるだろう!  食べ物以外でも結構ワタクシ好みの雰囲気である。 でも、いまだによくワカラナイお店でもある。 本当は他人にこの店の存在を教えたくない、でもチェーン店だし、国道沿いにやけに目立つ看板だから、隠せない! だから皆に行ってみても欲しい・・・、ああ、ああ~どうしよう?

 誰か、迷える私を救って欲しい・・・

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

さて、たまみやんの評価は ☆☆☆三つプラスう~ん?もつけたいマークでした!

なお、私の評価基準は次のとおりです。
☆☆☆・・・何回でも来て、同じものを食べたい。
☆☆・・・・・話の種に誰か連れてきてもいいかな。
☆・・・・・・・他にお勧めメニューがあれば食べてもいいかな。
★・・・・・・・どうしても腹が減っていれば来るかもしれない。
★★・・・・・二度と来ることはないだろう。多分・・・
★★★・・・明日、火をつけてやるから待ってろよ!

|

« 箱根でぐるナイのロケに遭遇す! | トップページ | 秋篠宮家第三子懐妊問題に思う »

「気になるお店」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132155/8558096

この記事へのトラックバック一覧です: 不思議な辛さ 陳麻家:

« 箱根でぐるナイのロケに遭遇す! | トップページ | 秋篠宮家第三子懐妊問題に思う »