« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

こどもの日に思う

日本中が「こどもの日」である。(当たり前であるが・・・)
「国民の祝日に関する法律」第二条の規定によれば「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する。」
とある。一般的には「こども」ばかりが中心になってしまいがちであるが、「母に感謝する」とあるところがミソである。

つまり「母の日」も5月5日に一緒に済ませてしまおう、ということなのだ。しかし、「母子の日」ではなく、「こどもの日」なのである。「父」はどこへ行ってしまったのか? この法律のどこを読んでも「父に感謝する」旨の表記が見当たらないのはおかしいではないか? 以前、そう考えた。 多分、これは旧民法の時代から男尊女卑、家長たる父を敬い、感謝するのは当然だったから、戦後民主主義、男女同権の時代になって、それを意識させるために付け加えられたのではないか? と思えるのだが、それは商魂逞しいどこぞの業者さんたちが、「こどもの日」と「母の日」が同じ日では儲けが少なくなる、ということで、アメリカでは5月の第二日曜日が「母の日」です、というキャンペーンを張ったとしか思えないのである。

いくつになっても子どもは子どもであるし、親も親である。(これも当たり前の話だ。逆転することはありえない。)この辺が、一般社会と違うところである。 会社では、社長と社員の立場が逆転することはあるし、先生と生徒の立場が逆転することもあるだろう。でも、最近、いろいろな場面で親子関係を見てみると、友達関係のようなシーンを見かけることが多くなった。電車のシートで親子並んで、ニンテンドーDSに興じていたり、携帯メールのやり取りをしていたり、親とこどもの境界がかなりぼやけてきているのではないだろうか? 親がこどもの機嫌を伺っているのか? それともピーターパンシンドロームに入り込んでしまっているのか? 男親の権威というものはいささか地に落ちた感がある。 

と、粋がってみても、自分も親父の目から見れば、なんとも情けない父親として映っているらしい。 親父のいつもの口癖はこうである。
「女が強くなったのではない。男がだらしなくなったのだ。男女同権なのだから、せめて、地に落ちた男の地位を女性並みに復権させてやらなければならない。」

でも、である。 こどもは親の教育したとおりにしか育たない。 親父よ、あなたが眉をしかめる、妻やこどもに甘い父親である私を教育したのはあなた自身である、ということを決して忘れないでほしい。

「年をとり 他のものは忘れても 心に残っているもの それが教育である」
という言葉がある。

親はそのためになにをすればいいのだろうか?

私が子どもたちに常々、口を酸っぱくして言っている言葉がある。

「毎日、飯を食え! 本を読め! そして歩け!」

この3つが身についていれば、概ね、最悪でも想定内(自分並み)の馬鹿で収まる筈だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ついてない日

 今日くらい「当てが外れた日」というのも珍しい。本来ならば、我が家恒例の「潮干狩り」に出かける予定だった。 私が幼稚園のときから、ゴールデンウイークには潮干狩りなのだ。 私や弟が大学生・高校生になっても、両親だけで出かけたりしていたのだから、我が家としては40数年来の伝統といっていい。 

 ところがである。 昨晩、知人が訪ねてきて「潮干狩りに行って来ましたのでお裾分けを」と、アサリを頂いてしまった。 それも半端な量ではない。 途端に、潮干狩りツアーは中止となってしまった。 誰だって、これから一週間、朝昼晩、アサリのフルコースでは堪らない。

 それで、こどもの日は出勤なので、とりあえず、小学3年生の子どもだけでもどこかへ遊びに連れ出そうと、考えていたら、朝の7時くらいから立て続けに、その息子に電話が3本。 「友だちが遊びに来る」とのことで、結局、上々の天気の中、一日中、ウチにいることになってしまった。 ゴールデンウィークといっても、暇にしている小学生は多いらしい。

 とりあえず、朝は、アサリの味噌汁であったので、昼はボンゴレでも作ろう、ということで、大鍋にお湯を沸かして、スパゲッティを茹で始めたまではよかったのだが、どこを探してもニンニクが見当たらない。 我が家の、というよりたまみやん風のボンゴレにはニンニクは欠かせない。 結局、茹で上がりの時間までに、ニンニクは見つからず、不本意なものになってしまった。 まあ、子どもたちは文句を言わずに食べたけれども・・・。

 しかし、どうしても「ニンニクスライスを使ったボンゴレが食べたい」という欲求は夜になってもやまず、閉店間際のスーパーでニンニクを買ってきたら、今度は、スパゲッティがない。 腹を空かした長男が私が買物に行っている間に、食べてしまったらしい。 今日は不運というより、ついてない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美しき五月に

 5月である。 5月と言えば・・・

「五月の風をゼリーにして食べてみたい」と詩人・立原道造が言ったのは24歳のとき。死を目前にした病床でのこと。 若き詩人にとって、五月の陽光や風の囁きは手を伸ばせば窓の外に溢れているのに、なんと遠い存在だったことだろう。 今日のような爽やかな薫風の中に身をおくと、真っ先に思い浮かんでしまう言葉の一つ。

***********************************************

 つい最近まで知らなかったのだが、「となりのトトロ」のサツキとメイの姉妹は、5月生まれだった、ということ。 確かに、サツキもメイも「5月」がらみだよね。「え! たまみやんさん、ご存じなかったんですかア~?」と職場でえらく派手に驚かれてしまった。でも、映画の中にそんなアナウンスあったかな? ついでにメイのほうは未年だった、なんてオチもあったりして・・・?

***********************************************

 今朝も某TV局の女子アナが「今日は五月晴れの一日になりそうです」とノタマっていたのだが、「五月晴れ」とはもともと梅雨の晴れ間、雨があがって、雲の切れ間の青空にお天道様がいきなり顔をカッ!と出して晴れて明るくなった状態をいう。 旧暦の五月が現在の梅雨の時期だったことを考えれば、「五月雨」が梅雨の長雨のことをいうのと同じですから合点ですよね。 最近では、今日みたいな雲ひとつない5月のお天気のことも「五月晴れ」として認めている辞書もあるみたいですけど、この言葉は、両方の意味を知っていないと、時代劇を見たときなどに「?」てなってしまいますから気をつけましょう。

***********************************************

  「美しき五月に( Im wunderschonen Monat Mai )」はハイネの詩としても有名ですが、クララに恋心を抱いていたシューマンが曲をつけた歌曲集「詩人の恋」の第一曲としても超有名な曲です。 そして、この曲は、私がバリトンのディートリッヒ・フィッシャーディースカウと出会った思い出の曲でもあります。 この曲は歌曲なのですが、ピアノ前奏が、そのすべてとまではいわないけれどもこの曲のイメージを作り上げてしまう、といっても過言ではないと思う。 極端な話、この短い(現在、私の所有するCDはピアノ伴奏はアルフレッド・ブレンデルなのだが、当時聴いたLPではジェラルド・ムーアだった。 何年の録音だったかは失念した)8連符のアルペジオの前奏部を聞いただけで、「ふむ、あなた”恋”をしていますね?」と言い当てられてしまうほどの思いがひしひしと伝わってくる。 そして、続いて我らがディースカウの誠実なバリトンが切々と恋人への思いを語り始める。

   Im wunderschönen Monat Mai,  
   美しき五月よ
   Als alle Knospen sprangen,     
   全ての蕾(つぼみ)が、花開くその時
   Da ist in meinem Herzen      
   私の心にも
   Die Liebe aufgegangen. 
   恋が花咲くのだ

   Im wunderschönen Monat Mai,  
   美しき五月よ
   Als alle Vögel sangen,       
   小鳥たちが 歌い出すその時
   Da hab' ich ihr gestangen     
   私も乙女にうち明ける
   Mein Sehnen und Verlangen   
   私のあこがれと、願いとを
                  (訳詩は植村敏夫先生のもの)

 とても短い8行詩、もちろん曲も短い。 1分少々の曲であるが、心に響くものは大きく、その余韻は深く、いつまでも残る。 私は、この曲だけを繰り返し、何べんも聴いたため、LPレコードの1曲目だけ、かなり磨り減ったのではないだろうか? 今日のような新訳五月晴れの日こそ、この曲を聴くに相応しい。 録音当時のディースカウは49歳、ハイネがこの詩を書いたのが何歳のときかは知らないが、やはり同年代のときではないか? いや、そうあって欲しい気がする同年代の自分がここにいる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »