« 健康診断な一日 | トップページ | 男の陣痛 »

特別席で花火を楽しむ

 近所の糠田運動場というところで第5回こうのす花火大会が開催された。
 幸いにも、心地よい風があり、思ったよりも快適に花火が楽しめそうである。冷蔵庫に前夜から冷やしてあるプレミアムモルツを6缶、クーラーボックスに入れて、歩いていると、「おや、たまみやんさんではないですか?」と声がかかる。振り返ると、生涯学習センターの副館長さんが立っていた。
「こんばんわ。今日もお仕事ですか? ご苦労様です。」
「いや、ここの駐車場が協賛者のみなさんの駐車場になっていますし、ご覧のとおり、見物場所としても、結構穴場的人気があるようなんですヨ。」
 確かに、駐車場以外の場所には、ビニールシートが所狭しと敷かれ、多くの家族連れが花火を楽しんでいる。打ち上げ会場までは、直線で1キロくらいだろうか。確かに、花火も音も十分に楽しめるし、何よりも車椅子のかたやお年寄りの人にとっては、土手の坂の昇り降りは確かにきついだろう。 ここならば、身体障害者用のトイレもある。
「ここは公民館でしょう? ビール飲んでる人がいますけど、いいんですか?」
「去年は、飲食はご遠慮ください、って厳密に注意したんですけど、土台無理な話です。今年はゴミの持ち帰りと午後9時30分には閉鎖しますので深酒しないように、ということだけお願いしております。 地域に開かれた公民館ですから…、はい」
「そうですか、じゃ、ワタシもここに座らせていただいてよろしいでしょうか?」
たかが6本のビール缶の重量だが、やけに肩に食い込んでいる。 ここで1、2本空けてから、土手の上に移動しようか、と思った。
 副館長さんにも、一缶勧めようか?と迷ったのだが、さすがに名札をつけてビールは飲めないだろう。 あとで焼きそばでも買ってきて差し入れでもしよう、と遠慮なくキンキンに冷えたプレミアムモルツを喉奥に流し込んだ。 ここのところ、家では芋焼酎のオンザロックなのだが、やっぱり花火大会、外で飲むならビールだわね。
 副館長さんのアイデアとかで、センターで見物している人たちにも会場の雰囲気を楽しんでいただこう、とかで地元のフラワーラジオというFM放送の花火大会実況中継を大きなボリュームで流していた。
 風のせいで、煙が流れて、花火の輪郭がくっきりと夜空に浮かび上がる。音も、多分、センターの建物に反響してくるためか、かなり迫力がある。 あまり疲れない程度の首の傾きで花火を楽しめた。
 一缶目を飲み終えて、土手の方へ移動しようと思っていると、副館長さんがニコニコしながら、「たまみやんさん、今日は特別席を用意しましたので、ご案内しましょう」という。
 いつもは開放していない2階のバルコニーを特別に皆さんに開放しているのだと言う。たった一缶のビールで酔ったわけでもないが、「特別」という言葉にフラッと来て、階段を上り、狭い鉄製の扉を抜けると15メートル四方くらいの平らな屋上に出た。そこでは、カップルや家族連れ、お年寄りの夫婦など、ざっと30人くらいの人々がのんびりと花火を楽しんでいた。
「手すりが低くて、小さいお子さんには危険なので、普段は開放していないんですけど、お子さんから目を離さないように十分に注意することを約束していただいて、今日は特別に開放してみたんです。皆さん、とても喜んでいただいていますので、来年は椅子とテーブルをご用意してみようかな、と考えています。地域に開かれた公民館ですから。 まあ、ワタシが来年もいたら、という前提にはなると思いますか…」
 確かに一段と眺めもよくなり、風も心地よい。打ちあがる花火のはるか後方、どこのものかは知らないが別の花火大会のものだろう、かなりハッキリと花火の打ちあがるのが見える。 また、近くの田間宮小学校の校舎の窓ガラスが鏡のように花火を映して、それはそれなりに面白い光景に思えた。
「済みませんが、こちらは屋外なのですが一応、建物の敷地の中ということで、アルコールはご遠慮いただいております」ということだったので、副館長さんが市民のかたから差し入れていただいたという、緑茶のペットボトルをおすそ分けしてもらった。
 結局、僕はそこが気に入って、最後まで、そこで花火を楽しんでしまった。
「花火大会が終わると、もう夏が終わっちゃったような気分になっちゃうんですよね。」
最後の花火を見届けてから、後ろで副館長さんがポツリとつぶやいた。う~ん、吉田拓郎の「祭りのあと」の気分だね。

|

« 健康診断な一日 | トップページ | 男の陣痛 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132155/11167435

この記事へのトラックバック一覧です: 特別席で花火を楽しむ:

« 健康診断な一日 | トップページ | 男の陣痛 »