« 疲れた・・・ | トップページ | 紅白歌合戦 »

中川さんも平沼さんもカッコイイなあ! しかし・・・

 すっきり納まった、鮮やかだネエ。というのが第一印象だった。

 郵政民営化に反対して、離党(除名)した、いわゆる造反議員たちの自民党復党問題である。 自民党内にもいろいろな意見があったが、中川幹事長も平沼さんもお互いの意地を通し、面子を保った格好である。 どちらも立派、特に中川さんは格好よかった、本当に自民党は変ったのかもしれない。

 思えば、昨夏の衆院選。 小泉チルドレンと呼ばれた新人議員ばかりか、古参議員までが「郵政民営化」と連呼して、自民党が圧勝したのは記憶に新しい。解散の理由も、選挙の争点もまさに「郵政民営化」に尽きたわけで、これほど有権者にとって、わかり易い選挙はなかっただろう。 小泉さんがあそこまで我を通してやったんだから、と多くの国民が、「本当に自民党は変ったのかも?」と思ったに違いない。

 それが、小泉さんが政権を降りた途端に元の木阿弥になりそうな様相であった。 情に流されて、無条件に復党を許せば、来年の参議院選挙はおろか、以降の選挙で自民党は大敗を免れなかったであろう。 自民党が圧倒的多数を維持している現在こそ、これまでの自民党とは違うことを印象づけなければ、裏切られた有権者はますます政治という世界から距離をおいていくであろう。 安倍首相が中川幹事長の顔を立てた(本音はどうだか知らない)ことで、案外安倍政権は長続きするかもしれない。 もちろん、現状のままの平沼さんを後になって復党させなければ、という条件つきであるが。

 ということで、平沼さんは後に引けない状況に追い込まれたけれども、こうなると、後になって宣誓書は出せないだろうし、無所属のままでいることになるのかしらん。 多分、自民党も今度ばかりは刺客は送り込まないだろうからね。 でも、今日復党届けを出した11人よりも平沼さんの株はここで、また大いに上がったことだろう。 政治家が信念を貫く姿、これこそがポリシーだわな。 まあ、郵政民営化に反対する、っていうことは時代錯誤も甚だしいし、あれだけ国民が圧倒的な支持を表した結果を踏まえても、自説を曲げない、すなわち、まったく視点がずれてしまっている点で、平沼さんの政治家としての限界を感じてしまいます。 

 それにしても情けないのは民主党。 せっかく政権党の執行部が内輪もめしているというのに、高見の見物で、なんのアクションも起こせなかった。 もっと情けないのは、これだけあの自民党がフレキシブルに情勢に対応しようとしているのに、意固地になって旧態然のままの社民党ということだろうか。 個人的な考えだが、今のままの民主党(支持率14.5%)と社民党(1.2%)でいつづけるよりも、両党が合併したほうがプラスアルファが必ずあると思う(支持率20%くらいにはなるような気がする)のだが。 それくらいないと、二大政党制とはいえない、と思いません? 

|

« 疲れた・・・ | トップページ | 紅白歌合戦 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132155/12848116

この記事へのトラックバック一覧です: 中川さんも平沼さんもカッコイイなあ! しかし・・・:

« 疲れた・・・ | トップページ | 紅白歌合戦 »