« 松山千春とサンプラザ中野 | トップページ | 福引で2等賞をゲットする »

餅つきの日に

今日は餅つきをした。
例年ならば、弟家族が手伝いに来ることになっているのだが、今年は自分の家族だけである。弟と義妹の役割分担に、息子二人が入って、最初はぎこちなかったものの、なんとか無事に終わり、鏡餅もお供えし、注連飾りも飾り終え、どうにか新年を迎える準備が整った。

多分、家族総出でなにか作業する、なんてことは最近では、本当に滅多にないことだろう。 僕が幼稚園の頃までは、我が家は父親の両親他弟妹を含めて11人家族だったが、まさに一家総出で上へ下への大騒ぎだった。 餅つきの日は一年で最も賑やかな日だった。 まだ暗い内から杵で餅をつく音で目が覚めたものだ。祖父と父親が交代で朝食をとり、やがて、父のすぐ下の弟夫婦が手伝いにやってくる。親戚の分も含めてつくのだから、大変な分量の作業であった。なにしろ、今と違って、正月はおろか2月の節分くらいまでは、毎日餅を食べた記憶がある。

餅つき中は、なんだかんだと、文句を言い合い、けなしあいしていた家族が、できあがったばかりの餅を頬張っているうちに、団欒の図となる。まるで、一昔前のホームドラマみたいな光景だが、とにかく、一家全員が一度に介して食事するなんて機会も少なくなってきているだけに、来年も、家族揃ってこの日が迎えられるとよいな、と考えてしまった。

|

« 松山千春とサンプラザ中野 | トップページ | 福引で2等賞をゲットする »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132155/13271220

この記事へのトラックバック一覧です: 餅つきの日に:

« 松山千春とサンプラザ中野 | トップページ | 福引で2等賞をゲットする »