« 福引で2等賞をゲットする | トップページ | 年賀状 »

一年の計は・・・

明けまして おめでとうございます。
元旦とは文字通り、地(水)平線から日が顔を覗かせたとき、新年最初の日の出の瞬間であるから、初日の出を見逃すと、一年の計もなにもあったもんじゃない。
暖冬のまま年越しかと思えば、2007年元日は、かなり寒い朝だった。なにしろ、久しぶりに霜が降りていた。しかし、霜が降りるくらいだから、風もなく、静かに自宅の庭で初日の出を待った次第。20070101_02霜の降りた芝生がキラキラと光り輝いて、綺麗だったし、歩けば、サクサクと音と立てて気持ちよかった。

とは言っても、我が家は高台にあるわけでもなく、北海道・中標津町の開陽台のように周囲360度なあんにも遮るものがない、ということではないので、絶好の初日の出ビューポイントとは全然言えないが、これはこれで、目の前を流れる川の対岸の木々の隙間から、ひっそりと太陽が顔を見せるのをひたすら待つ。
すでに、川の水辺を無数の水鳥たちが綺麗な波紋を残しながら気持ちよさそうに泳いでいる。

6時47分、ようやく、太陽が顔を覗かせると、グングンと輝きが大きくなって、周囲を明るい茜色に染め上げていく。本当に日の出を見るたびに、太陽の昇るスピード、つまり地球の自転の早さ20070101_01に驚いてしまう。

西暦2000年問題のときは、本社で徹夜で警戒態勢にあたっていたため、ビルの5階からモーニングコーヒーを飲みながら、日の出を拝んだっけ。なんとも人騒がせな問題だったが、何もなくて実際はよかった。もし、なにかが起きていたら、正月休み返上、全部徹夜で大騒ぎしていただろう。
今年から西暦2007年問題がじわり、じわりと日本経済の成長を鈍らせていくことになるだろうし・・・

なんてことを考えていたら、一年の計を考えるのを忘れてしまった。
そういうわけで「一年の計は落胆になり」でした。

今年もヨロシクお願いします。

|

« 福引で2等賞をゲットする | トップページ | 年賀状 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132155/13293038

この記事へのトラックバック一覧です: 一年の計は・・・:

« 福引で2等賞をゲットする | トップページ | 年賀状 »