« 一粒で4度美味しかった箱根駅伝~でも味わいたくない | トップページ | 内平らかに外成る?18年間 »

冷たい雨の中の初詣~オミクジは吉平

 朝から冷たい雨が降りしきる中、大宮・氷川神社に初詣に出かけた。
昨年は、家族揃ってだったが、長男はアルバイト、 二男は親戚の子どもたちと映画に出かけたため、今年は一人きり。 何もそういう状況で、こんな雨の中、出かけなくてもよさそうなものなのだが、明日は仕事だし、明後日は休みなのだが、成人式の日に外に出ると、この国の将来がとても不安になってしまうような光景をたくさん見かけてしまうものだから、外出したくない。まあ、雨の中の初詣というのも初めて(?)の経験だし、と思い切って出かけてみたものの、やはり、対向車線を走ってくる大型車の水飛沫をフロントガラスで受けたり、道路の水溜りに入り込み、ハンドルをとられたりするうちに、段々後悔してきたのも事実。
 しかし、旧大宮市内(前にも書いたが、「さいたま市」には、未だに馴染めない)に入り、氷川神社に近づくにつれて、いつものように渋滞が始まり、「この雨の中、まったくにわか信心深い人間が多いものだ」と自分のことを棚に上げて、ブツブツつぶやいているうちに、渋滞の原因がわかった。
「大宮競輪場で立川開設記念(GIII)場外開催中」  ナルホド~!

 ということで、昔よくテニスをしに来た大宮第二公園の駐車場に車を止め、どしゃぶりの雨の中(昔、和田アキ子が歌ってたっけ)、氷川神社まで歩いていく、競輪場は場外開催だけに静かなもの。 普段なら、たこ焼きやフランクソーセージの屋台の香ばしい匂いが立ち込める野球場とサッカー場の間の細い通路前の広場も、雨のせいなのか、開いている店もなく、ただサッカー場の改修工事の重機の音が響き、交通整理役の警備会社の面々が寒そうに立ち振る舞っていた。

 神社の境内も、例年ならば、6日でもかなり人がいる筈なのだが、視界の中には、いつもの土日程度の人(2~30人位)、だったろうか。 お札やお守りを販売している巫女さんたちも、寒そうにしていた。 例年通り、家内安全の御札と破魔矢を購入。「○○円お納めください。雨の中、御勤めご苦労様です」と声をかけていただいた巫女さん、あなた達こそ、寒い中、ご苦労サンです。 

 昨年、「大凶」が出て、正月早々真っ青になった御神籤を引いてみた。「吉平」と出た。あまり聞いたことがない。 御神籤の大吉から大凶までのランクは、一説には20種類とも言われているが、もしかすると「特大吉」とか「チョー大吉」、あるいは「微妙に凶」みたいな分類があるのかも知れない。 まあ「吉」という字が入っているのだから、真ん中くらいなのだろうか。昨年の大凶に比べれば、エライ出世だ(笑)。 「大凶? 気にしない、気にしない」とその場は自分を慰めてみたものの、息子の大学入試が連戦連敗を続けていくにつて、「やっぱり大凶なのか~」とため息をついていたものだが、最終的には第一志望校に合格できた。 うん、だから、今年は、ロト6が一億くらいは当選するかもしれない。金運は書いていないが、「争事勝負事」は「よし、叶う」と書いてある。

「正しき道を踏み、事を成し遂げる兆なれば何事も良しと言えども、二つある時は、一つは良く、一つはよろしからず。」だそうである。 二兎を追ってはならない、ということだろうか。 僕はそんな器用ではない。 「よく注意をし慎みて幸せを求めるべし。このみくじにあう人は住吉神社を信心すべし」とある。 ゲッ!? どこか、この辺に住吉神社ってあるのだろうか?

|

« 一粒で4度美味しかった箱根駅伝~でも味わいたくない | トップページ | 内平らかに外成る?18年間 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132155/13362391

この記事へのトラックバック一覧です: 冷たい雨の中の初詣~オミクジは吉平:

« 一粒で4度美味しかった箱根駅伝~でも味わいたくない | トップページ | 内平らかに外成る?18年間 »