« PC 復活の日 | トップページ | 鬼よ 永久に・・・ »

マスコミは 木を見て 森を見ず でいつまでいつづけるのか

柳沢厚生労働大臣の「女性は産む機械」発言が依然として尾を引いている。
ここまで尾を引くと、辞任せざるを得ないだろうが、やはりここでも安倍首相の任命責任が問われることになるだろう。

でも、僕は、これまでの安倍内閣の大臣たちの舌禍事件とは、今回の問題については考えは違う。

この発言の責任をとって大臣は辞める必要はないんじゃないかな? もちろん、柳沢氏が「女性は産む機械」であるという信念をもって発言し、これを肯定しているなら、論外であるけれども。

よく発言内容を聞いてほしいのだが、氏はこの発言の前後に、何回も女性を機械視するのは、例えとしては好ましくない、相応しくない、適当でない、故に申し訳ないけれどもと繰り返し言っている。 他に例えが思い浮かばなかった、というのは氏のボキャブラリーの問題だが、僕には、ともかく、「例えが悪くて申し訳ないけれども」と詫びを入れた上での発言である。

なのに、これを伝えたマスコミはテレビも新聞も週刊誌も、「女性は産む機械」の部分しか取り上げない。もちろん、これはマスコミ各社が、それを真実として伝えているのだが、真実は決して事実ではない、真実がいくつあっても、事実は一つしかない。その事実を受け取る人間の考え方によって真実はいくつにもなる。現に、録音されたデータがあるのだから、それを聞いたり、文章にしたものを知れば、受け手の印象はかなり違うものになるのではないか?

断っておく、僕は、小泉さんが首相を続けていても、安倍さんが首相でも、自民党の内閣である限り、絶対に支持はしない。 だから、舌禍事件の有無を問わず、安倍さんも含めて内閣総辞職をしていただき、自民党は小泉さんの言葉通り一刻も早く「ぶっ壊れてしまえばいい」というのが本音である。 柳沢さん個人の問題をいうなら、そういう発言をする人しか大臣にできなかった安倍さんの責任こそ問われるべきであろう。

以前、僕は大学入学当時は、マスコミ志望だったせいもあり、テレビ局2社(NHKと某身民放)と週刊誌や新書本で有名な大手出版社でアルバイトをしていた。そして、自分の理想と異なり、マスコミの作り出す世界が、現実とかなり乖離したものだという事実に愕然とし、就職活動を行う前には、まったくマスコミ嫌い、というよりマスコミ不信になってしまった。もちろん、マスコミの伝えるものが100%虚構の世界ということではなく、正確には、どんな小さなことでも、100%のものとして作らざるを得ない厳しい社会であること。そして、そうでなければ、そうであることを期待する大衆には受け入れられない社会であることを実感したのであった。これが、あるあるの納豆事件にもつながっている。

今回の柳沢大臣の発言も、問題発言とされる部分の前後を聞いてみると、特に、文章化して読み返してみると、「どこが問題になっているのか」解らなくなる。
マスコミ各社の記者たちが、適切に日本語を理解し、解釈できれば、今回の発言のどこに問題があるのだろうか?

こんな表現をしては、適切ではないかもしれませんが、と前置きをしている以上、その前置きを抜きにして、いきなり本題だけを取りあげて、批判するのは、まさしく、「機械的」で人間的な暖かい血が通っていない証拠ではないだろうか?
もっと冷静になりましょうよ。

女性が産む機械ならば、男は産ませる機械なのだ。

こんなことで、熱くなって国会を盛り上げるなら、少子化対策で、3人以上子供を産んだら税金を半分にしたり、3人以上産んだら、ご褒美として両親の医療費を生涯無料にする、30歳を過ぎても独身の場合は、税金を2倍にする、なんてことを議論した方がいいと思うよ。

|

« PC 復活の日 | トップページ | 鬼よ 永久に・・・ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132155/13746839

この記事へのトラックバック一覧です: マスコミは 木を見て 森を見ず でいつまでいつづけるのか:

» 「女性は子供を産む機械」② [幸か不幸か専業主婦]
「女性は子供を産む機械」の記事に、ぐーたんさんからコメントをいただいた。ぐーたん [続きを読む]

受信: 2007年2月 2日 (金) 14時20分

« PC 復活の日 | トップページ | 鬼よ 永久に・・・ »