« 吉本系&宝塚流クラシックコンサート~やっぱり高嶋ちさ子はカッコいい! | トップページ | こうのす花火大会 »

モノトーンのピアノコンサート

 北本市文化センターで開かれた小川典子ピアノリサイタルを聴いた。身近に良い音楽をきく会の2007年第1回のコンサートである。
 プログラムは
       ドビュッシー/12の練習曲
            Intermission
       ショパン/3つのマズルカ 作品59-1,2,3
       ベートーヴェン/ピアノソナタ第23番へ短調「熱情」

 仕事の関係で、会場に入ったのが19時をまわっていたので、ドビュッシーは第8曲目くらいからであった。聴衆の入りは300人弱といったところか? いつもより若干少なめであろうか?
僕は小川典子の演奏は初めて(演奏会に限らず、CDやFMでもおそらく…)だろうと思う。恐ろしく指が長いように感じた。まして、練習曲の名の通りかなりのテクニックを要する曲ばかりなので、よほど技術的にも自信がないと、1曲目にもってくることはできないにではないだろうか? 
 本来は練習のために作曲されたものだから、聴衆のことを意識しているものではない。これをどう聴かせるか?がピアニストの腕の見せ所である。はたして、そういう意味では、ピアノを弾いた経験のない聴衆の多くは、奇妙な緊張感をもった退屈さ、を感じたのではないだろうか? これを1曲目にもってきたのはいかがなものか? いくら、テクニックをひけらかされても・・・で、もって感想はなしです。
 生涯58曲ものマズルカを作ったショパンである。ショパンを語るにはマズルカを聴け!とはよく言われたことだが、それくらいショパンにとって、祖国ポーランドの民族色を色濃く残す舞曲イコール故郷の思い出に直結したものなのでしょう。小川典子のショパンはそういったローカル色や民族色とは一線を画した、というか、まるでショパンがポーランド人であるということを意に介さないで、ストレートにピアノに向かった、というような感じで、思いのほかテンポをゆっくりとってはいたものの爽快な演奏でした。
 特に3曲目の嬰ヘ短調は、短調なのに快活さを併せ持つこの曲の特徴を十分に引き出していたように思います。

 ベートーヴェンの「熱情」ソナタは冒頭から和音の響きがよくなかった。明らかにミスタッチである。100メートル競走でスタートでつまづいたような感じで、ドキリとした。それを引き摺ってしまったためかテンポは一本調子であったが、ピアノとフォルテの明確な使い分けがとても印象に残った。その割りにメロディーが左手から右手に移るときに少し断線してしまうような気がした。逆の場合は気にならなかったのだが・・・。この演奏も聴き慣れた高揚感であったり、パッショネートよりも、そういうことに臆することなく怖いものなく若々しく一気呵成にコーダに向かって突き進んでくタイプのものであった。
 まるで陸上競技のハードル競技のトラックのハードルを、何の苦にもせずに、2つ3つ一遍に跨いでいってしまう様な感じである。なんというテクニックと指の長さであろうか?  それ故に、というか、もう少し音楽に陰影と言うか深みが欲しかった。

 アンコールは、リストのラ・カンパネラとドビュッシーの亜麻色の髪の乙女、考えてみると黒いピアノに見事なまでの黒髪、黒いドレス、真っ白な肌、指の色・・・というモノトーンのステージであった。曲目も時代を遡っていくように配置されたり、念入りに計画された都会的な大人の女性のための演奏会であったかもしれない。主催者側から贈られた花束の鮮やかな色が最後に妙に印象に残った。

 それにしても、演奏中にペットボトル飲料を飲んでいる人がいたり、携帯の着ボイスをノーマルモードで平気でならしている人、財布だか携帯ストラップについている鈴が、腕を動かすたびにチャラチャラなっている人がいたり、コンサート会場の客席も随分マナーの悪い御仁が増えてきているような気がします。

|

« 吉本系&宝塚流クラシックコンサート~やっぱり高嶋ちさ子はカッコいい! | トップページ | こうのす花火大会 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132155/15597923

この記事へのトラックバック一覧です: モノトーンのピアノコンサート:

« 吉本系&宝塚流クラシックコンサート~やっぱり高嶋ちさ子はカッコいい! | トップページ | こうのす花火大会 »