« 誰もいない海~新島紀行PartⅡ | トップページ | いよいよ の いよ? »

さらばNIIJIMA~新島紀行PartⅢ

  3日間滞在してみて新島についてわかったこと、気がついたことをアットランダムに列記する。

・新島を走っているクルマはみな品川ナンバーだ。20070829_02
・それも大半は軽自動車(軽トラックと郵便局の配達車両、レンタカーばかり)である。何故なら道が狭いくせに一方通行の道路がないためである。
・東京都であるから警視庁のパトカーである。
・人口が2,400人しかいないのに警察署も裁判所も法務局も空港もある、それに皆、立派な建物である。
・宿泊定員は1,200人である。観光客のほとんどが夏のシーズンに集中しているらしい。
・新島の白い砂浜は、火山噴火の際の堆積した地層がもたらしたものである。
・新島とイタリアのシチリア島からしか産出しないコーガ石(抗火石)という世界的に珍しい石で覆われている。
・このコーガ石で作られた家や塀が多く見られる。
20070829_04_3 ・やはりこのコーガ石で作られた「モヤイ」という人面像が島の至るところに建っている。
・水田がないので米が獲れない。野菜も芋やかぼちゃ、ウリ、明日葉くらいらしい。
・くさやの発祥の地らしい。
・牛乳せんべいが銘菓であるのに関わらず、牛を見かけたことがない。
・海の水が冷たい
・どこの海水浴場に行っても同じ宿の宿泊客と遭遇するくらい、世間は狭いことを実感できる。
・何故か宿の朝食に出てくる焼き海苔の袋に「おはようございます 伊豆の宿」と印刷してある。
・島内の有料の観光施設は有料であることの意味がわからないほどつまらないものばかりである。
・とにかくどこの店も商売っ気が感じられない。
・羽伏浦のビーチの砂浜と波、そして人口密度は最高に心地よい!

20070829_03 一言で言うと新島はやはり「サーファーにとっては天国」というか「サーフィンをやる目的の人のための島」ということだろうか?狭い島なりに全島めぐってそれなりに楽しんだものの、多分もう二度と来ないだろうなあ、というのが非海の男の実感。

それにしても今回の夏の家族旅行、20回目にして初めて一日も雨にたたられなかった。帰りの船の中で台風9号が発生したことを知ったのだが、なんてラッキーだったのだろう、と思っていたら、竹芝に帰り着いてみたら雨!鴻巣駅に降り立ってみたらドシャブリであった。やっぱりなあ・・・。

|

« 誰もいない海~新島紀行PartⅡ | トップページ | いよいよ の いよ? »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132155/16381637

この記事へのトラックバック一覧です: さらばNIIJIMA~新島紀行PartⅢ:

« 誰もいない海~新島紀行PartⅡ | トップページ | いよいよ の いよ? »