« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

あついぞ?熊谷!

 熊谷ラグビー場で、関東大学ラグビー対抗戦Aの筑波大学VS青山学院大学と関東大20071014_01学ラグビーリーグ戦グループ1部の大東文化大学VS拓殖大学を観た。母校の対戦がないので、久々に缶ビール片手にノンビリ観戦である。

 わが国の格差社会拡大を反映してか、ラグビーでも上位校と下位校の実力差が拡大しつつある。というよりも、目的意識の差か? 大学日本一を目標とするところと、大学選手権出場を目標に、あるいは、二部には落ちたくない、という大学の意識の差が如実にゲームに出てしまうのだ。

 第1試合の筑波VS青学はその典型的なもの。まさに縦横無尽に筑波が青学陣内を走り回り、前半20分くらいで、ゲームの関心は、勝敗よりも20071014_02、80分間で青学が得点できる状況が生まれるか、どうか?だった。ジャージだけを見れば、青学の方が絶対強そうなのに・・・。筑波もコットンからポリエステルに換えたときから、ジャージの色があまり「力」を感じさせなくなったので、なにか見ていて、チグハグなゲーム。選手たちのエエ格好を撮影しようと、タッチラインの外に控えていた青学の女子マネージャーさん、なにかいい写真撮れただろうか?
 「蹴るな!走り抜け!」と絶叫する青学OBのオジサン(酔っ払ってたのかな?)の雄叫びのボルテージが上 がりっぱなしの状態で、結局、12トライ8ゴールを挙げた筑波が76対0で完封勝利。反則も両チームとも6個ずつ、ペナルティゴールを狙う機会もまったくない、というアッサリした試合だった。

 第2試合は、混戦続くリーグ戦グループの中での注目のゲーム。関東学院・東海の220071014_03強を追いかけるポジションに大東が名乗りを上げるか? 大学選手権出場枠の残りの3つの椅子を拓大がぐっと手繰り寄せるか?という興味津々のものだ。お互いにメンバー表には3人ずつの外国人選手が名を連ねているし、注目は7人制日本代表の拓大の横山兄弟(確か双子なのに学年が違う)の走り。

 前半は拓大のペース。3分にPGを決めて先制すると、4分に噂の横山がトライ(ゴール成功)で、開 始5分で10点をリード。大東の反撃はここからで、8分にPG、11分にトライで2点差に肉薄。大東、相変わらずセットプレーでミスが多い。その後は、お互い、ノーガードのジャブの打ち合い、といった内容で、32分からの10分間に順番に4つのトライを奪い合い、前半は29対15で拓大がリード。法政に勝った勢いを持続させている感じだ。

ハーフタイム、掲示板の上の関東協会旗のポール上にカラスが一羽。隣のBグラウンドでは女子の試合、C、D20071014_04グラウンドでも楕円球を追いかけており、ここは、まさにラグビーの聖地。それにしても、「あついぞ!熊谷」とは今年、日本最高記録を出すほど暑い熊谷である。スタンドの上部から見ると、あちこちに白い煙があがっている。「すわ!信玄の狼煙」かとも勘ぐったが、正体は稲刈りをした稲わらを燃やしている野焼きであった。数えてみると、11箇所も燃えている。いわゆる地球温暖化に貢献しているわけで、あまり有り難い話ではない。まさしく、「あついぞ!熊谷」である。

 後 半、驚いたことに大東がナンバー8の シリヴェヌシが引っ込めてから、これまでの流れが一変する。大東の作戦は、エイトに球を集めて、前進を図ることで徹底されていた。つまりフォワードの近所で勝負! これをすっかり読み切っていた拓大は、デフェンスしやすかったに違いない。 これがエイトが替わったことで、ボールをバックスのほうのトンガ人選手に供給するようになってから、大東に勢いが出た。ドライビングモールで20メートルも押したり、とやることなすこと当たり、怒涛の5トライをたたみかけて勝負あり。結局、49対34で大東が逆転勝ちで負けなしの3連勝を飾った。こちらも本当に「熱いぞ!熊谷」であった。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「なごみーず」ですっかりなごみ~な一夜

 平均年齢は50代半ばといったところか。今夜の東松山市民文化センターの「アコースティック・ナイト in HIGASHIMATUYAMA」の客席は満員御礼状態、1200名の中年男女でいっぱいであった。 自分も発売開始から、ずいぶん後になってチケットを購入したのだが、寂しいながら一人だったからなんとか前から22列の中央付近の席を確保できたようなもので、二人分の空席はかなり後方にしか、それもわずかしかなかった。

 それにしても、この会場もずいぶんと久しぶりだ。結婚する前のカミさんと櫻井将喜指揮東京交響楽団のコンサート、確か、ワーグナーのニュルンベルクのマイスタージンガー前奏曲とドボルザークの「新世界から」を聴きに来た(あと、一曲あったような気がするが忘れた・・・)以来だから21年ぶりくらいになる。 まだ東松山市に移管されていない頃、埼玉県東松山会館のときである。 これくらい年齢層が偏っているコンサートというのも初めてかな。きっと「懐かしのメロディー」の公開録画なんてこんなんだろうな。

20071013_02  「なごみーず」とはボーカル(元ガロの大野真澄)、太田裕美、正やん(元かぐや姫、風の伊勢正三)の三人のユニット名で太田裕美の命名らしい。彼らが一世を風靡していた30年前には、およそ思いもつかなかったであろう、この3人組がもう3年も全国をツアーしているという。なぜ、この3人が一緒なのか?(全然、音楽の方向性とか違うだろうに・・・)を確かめたくて、というか気になって、いそいそと出かけてみました。

 というのは、半分冗談。ボーカルの在籍したガロ。なにを隠そう、僕が中学1年のときに初めて自分の小遣いで買ったLPレコードが彼らのデビューアルバム「GARO」だった。まだ、「学生街の喫茶店」の前で、当時、一緒に住んでいた叔父の持っていたニール・ヤングやCSN&Yのアルバムを聴いていた僕には、CSN&Yのコピーをレパートリーとしていたガロは、すんなりと入り込めるグループだったのだ。シングルデビュー曲の「たんぽぽ」は今聴いても、当時のドキドキを蘇らせてくれる。ハーモニーの美しさ、コード進行の複雑さ、そして、ギターのフレットを移動するときの「キュキュッ」という指の音がリアルに録音されていて、何もかもが新鮮だった。
 2年ほど前になるだろうか。ガロ解散後、ソロとなったボーカルさんのバックバンドをやっていたのが、ガロと同じくCSN&Yのコピーバンドであったアルフィーであったが、坂崎幸之助のラジオ番組にボーカルが出演したときに、僕が出したメールが紹介されたことがある。内容は前述のようにガロのデビュー当時の思い出だった。「こういうお便りをいただくと嬉しいですね~。ありがとう」とボーカルさんが言ってくれたのである。まあ、今夜はそのお礼がわりかな。

 太田裕美は、どちらかというと、僕はファンではなかったのだが、ひとつ思い出がある。僕の高校時代の同級生だったM(故人。以前このブログにも記したが、高校時代の僕をジャズと煙草に引き込んだ御仁)が埼玉の「陸の孤島」春日部市の武里団地に住んでいたのだが、「近所に太田裕美の実家の寿司屋があるから食べに行かないか?」ということで、学校帰りに学生服姿の野郎ばかり5人仲間で、寿司を食べに行ったことがある。もちろん、実家、というだけで、彼女が住んでいた訳ではないのだが・・・。この仲間たちとは、この前にも、当時の浦和市にあった五十嵐じゅん(当時の芸名、後、映画「阿寒に果つ」の主役の際に五十嵐淳子と改名。現、中村雅俊夫人)の実家の書店に出かけたことがあった。

 正やんは、といえば、高校時代にクラスメイトと休み時間の度に教室でギターを弾きながらハモっていた曲と言えば、「22歳の別れ」や「ささやかなこの人生」であったりということであった。もう「かぐや姫」解散後で、元猫の大久保一久と「風」を組んでいた頃である。神田川は確かに名曲だが、僕は生理的に南こうせつを受け付けない。コミックバンドであった初代かぐや姫の頃の南高節だと許せてしまうのだが・・・。なぜかわからないのだが、しょうがない。なんといっても、正やんと言えばその卓越したギターテクニックと、曲作りの才能だ。

【Set List】
※とりあえず、思い出した範囲です。もしかしたら、漏れや間違いがあるかも知れません。

なごみーず
1.地球はメリーゴーランド(ボーカル)
2.海岸通り(正やん)
3.さらばシベリア鉄道(太田裕美)

大野真澄
4.あなただけを(ガロ解散後、あおい輝彦に提供した曲)
5.ビートルズはもう聴かない(ガロ時代の渋い曲ですね)
6.明治製菓チェルシーのCMソング(そういえば、歌ってましたね~)
7.ワンパイントのラム酒に乾杯(これって、しみじみいい曲ですね~。)

太田裕美
8.雨だれ(デビュー曲です。確か、彼女は、当初はナベプロからキャンディーズとしてデビューする筈だったんですよね~。もし、予定通りだったら、「ラン、ヒロ、ミキ」だったんですねえ・・・)
9.赤いハイヒール
10.星屑
11.君と歩いた青春(作詞・作曲者である正やんとコラボです)

伊勢正三
12.雨の物語
13.あいつ
14.?(忘れました・・・・確か、「あ」で始まった曲名だったような・・・)

なごみーず
15.九月の雨(オリジナルよりもこのアレンジの方がいいですね・・・)
16.空に星があるように(荒木一郎の歌ですね)
17.なごり雪(かなり歌い方が変わっていました)
18.22歳の別れ
19.木綿のハンカチーフ

アンコール
20.学生街の喫茶店
21.ささやかなこの人生
22.ママはフォークシンガーだった

全ステージを通じて、センチメンタルシティ・ロマンスの細井豊がキーボードで出ずっぱりだった。この人の表情を見ていると、安心しちゃうんだよね~。なぜか・・・

20071013_01 感想:
1.三人ともNCがイマイチ弾まないのに、時間が長く、正直だらけた。みんなボケばかりで、つっこみがいないんだよね。
2.休憩時間なしで、疲れた。
3.正やんのギターテクはいつ聴いても最高だ! だが、声が出なくなったなあ・・・
4.ボーカルはやはりボーカルだなあ。この声・・・うらやましい。何歳だっけ?
5.永遠のカマトトぶりっこの太田裕美、相変わらず、甘ったるい声をだしてくれるが、むしろ若いときよりも歌は数段上手くなっているみたいだ。
6.何と言っても、満員の客席の落ち着きっぷりは、やっぱりみんな年取ったねえ・・・

まあ、ステージの上も客席も、同じ時代を生きてきた、という連帯感があるから、いい雰囲気だったですね。同窓会の余興の歌なんて上手・下手を言っちゃいけないけれども、今夜の同窓会は大したレベルのものでしたよ。僕はなんか嬉しさで一杯だったけど、隣のおじさんは太田裕美が出てくる度にオペラグラスで見ちゃ、涙ぐんでいたし・・・。かぐや姫は昨年、つま恋で復活したが、メンバーだったトミー(日高富明)亡き今、ガロの完全復活はありえなくなってしまったし、マーク(堀内護)はその後、どこへ雲隠れしてしまったのか? できれば、ボーカルと出会う前にこの二人がグループを組んでいた、ミルクの松崎しげると新生ガロを結成してみるというのも面白いかも?

 家に帰る途中、当然、ギターが弾きたくなるだろうから、ということで、ウイスキーを買った。ギターにはウイスキーである。今晩は多分眠れそうにない?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

トンボさん、トンボさん、睨めっこしましょ!

 つい、このあいだ、稲刈りを始めたと思ったら、今日で最終日である。とはいっても、僕はこの間、何もしていない。父親が全部一人で作業している。 サイクルとしては、

1日目:稲刈り⇒2日目:乾燥機で乾燥⇒3日目:脱穀、玄米を袋詰め⇒繰20071007_01り返し

となるが、雨の場合は乾燥以外の作業はできないので、いわゆる晴耕雨読。以前も書いたが、機械化の影響で、ほとんど一人で1町4反の田んぼの稲は、30キロ入りの袋に詰まって、倉庫の中で供出を待つまでになる。

 今日は、父親が午後から、隣町のカラオケ大会に出場するから、「おまえ、やっとけ」てな具合であり、結局、稲刈りの初日と最終日だけ、コンバインに乗ることになる。おかげで、なかなか、コンバインの操縦法を細かいところまで覚えられないんだよね、これが。一年に2日くらいしか乗らないんだものなあ。で、このコンバイン、僕のクルマよりも高い、ときてるから、コストパフォーマンスはいかばかりなものか。まあ、ウチなどは、コンバインも乾燥機も中古で買ったもの、なんといっても、ヤル気のない農家なもので、あんまり金はかけないのに、隣近所のうちで、ウチの半分くらいしか田んぼがない家でも、ウチよりも高価でデカイ機械を新品で買ったりしているところを見ると、確かに20071007_02機械のおかげで、農作業は格段に楽になったのだろうが、結局、機械代を何年もかけてローンで支払い、支払いが終わった頃には、年に何日も稼動しない機械がちゃんと壊れて、また新車の購入、という農機ローン地獄のようになってしまうらしい。哀れなものだ・・・。

 その点、ウチなどは、親父も年だし、体力的にできなくなったり、機械が壊れたら、もう農業はお終い!という感じである。でも、これまで、タダ同然で食してきたオコメを、買わなければならない、と思うと少し、考えてしまう。まして、米が無くなると、何か手土産をもって貰いに来る親戚も数知れず、これも含めると、一軒の兼業農家がこの世からなくなるというのも、ささやかながら、地域経済に与える影響というものがあるのだろう。 なんといっても、我が家の愛犬TANUKI号は、一年中、コシヒカリを食ってるんだから贅沢なものだ。もちろん、TANUKI号の分まで計算に入れて、米を炊いているわけだから、文字通り、同じ釜の飯を食う家族同然の奴である。

 さて、それでも午後2時くらいには、全作業を終えて、日が高く、せっかく20071007_03、着た作業着が、まだ汚れてもいないので、トマトの畑のハウスの骨組みが壊れていたのを撤収したり、ミョウガを採取して過ごしていた。家の裏の、これも親父が蒔いたコスモスが、育ちすぎて、自分のせいの高さよりも伸びていて、道路際などでは、まことに見通しが悪くなっているので、少し刈ったりして、見通しを確保した。

 見ると、トンボがブロック塀の上で、夕日を浴びて羽を休めていた。それも2匹が、まるで睨めっこしているような感じである。そういえば、田んぼにも、最近は、イナゴを見ることがなくなった。長男が保育園に行っている頃は、よくイナゴを捕まえたりしていたものだが、ここ4,5年は皆無である。カタツムリなどもまったく我が家の庭から姿を消したし、以前は、夏になると、アブラゼミの合唱で、うるさくて目を覚ましたりしたのに、そういう経験も最近はない、トンボもモンシロチョウも本当に見かけなくなった。あまり有り難くない蚊も蝿も、うんと数が少なくなったし、ああ、そうか、だから、こうした害虫を餌にしている虫や鳥が少なくなったのだ。 川の水は僕が小学生の頃よりも、奇麗になったのに、悲しいことである。

 明日は雨らしい。まあ、自分は出勤だから、どうでもいいけど・・・。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゲーム前からなんと不吉な・・・校旗が半旗

 法政に勝ったからって、いきおい大学選手権への道が開かれた、なんて甘い考えは毛頭ありませんでした。まして、法政が拓大に21年ぶりの1部リーグでの勝利を献上してからは、なおさらのことです。20071006_05_2

 が、しかし、混戦続くリーグ戦グループで、じゃあ、いったい順位争いはどうなるのかいね?という興味もあって、秩父宮の関東学院戦に出かけてみました。多分、秩父宮で母校の試合を見るのは平成14年の大学選手権2回戦での同じ関東学院戦以来だと思います。あの時は、7-40と完敗したものの、レギュラーシーズンでの0-117の屈辱的な大完敗から1ヶ月やそこらで、よくぞここまで立て直したものだ、というくらい魂のこもった熱い試合を最後まで見せてくれて、敗戦後、むしろ、中大フィフィティーンのほうに場内から大きな拍手と歓声が沸き起こり、僕も冷え冷えとしたスタンドにいるのを忘れるくらいに感動して、スタンディングオベイションをしながら思わずボロボロと涙を流したものでした。ラグビーというスポーツは、こういう敵味方とか垣根をとっぱらったような感動もののシーンがあるので本当にいいものです。

   不吉なことにゲーム前から、電光掲示板の上の、中大校旗が、上まで上がっておらず、まるで半旗状態であり、残念ながら、というか、結果はそのとおりとなったわけです。 今日の試合は、もちろん、今年はチーム力の低下が指摘されているとはいえ、前年度の大学チャンピオンですから、今の母校のチーム事情を考えると、万が一にも勝てる確率はありません。ゼッタイに・・・。で、何を今日のゲームのポイントとして期待していたかというと、①関東学院の得点を50点以内に抑えることができるか? ②中大が20点以上の得点を挙げられるか? ③そして①+②を達成しながら、負けたとしても得点20071006_01差が20点以内であるかどうか? ということでした。

   ①失点はギリギリ50点以内ですから、まあ、仕方ない。後半15分のトライは、2度のコラプシング後のオフサイドでの認定トライだったが、僕が笛を吹いていれば、あと1回は我慢するなあ。 あと、中大が連続トライした後に、ウィングの中園一人に何人もかわされて持ち込まれたトライもモールが崩れたラックの密集左脇でのファース、セカンドトタックルでとめられなかったのが致命傷、でも、中園君のステップワークとスピードの緩急の切り替えは見ていてホレボレしました。お見事!

 ②得点もほぼ勝敗が決した後半30分以降、それもシンビンで関東が一人メンバーを欠いた状態からのもので、組織的、戦術的に相手を切り崩してというよりも、相手の穴を簡単について、タナボタ的に取れたトライ2本でしたし、他にもノーサイド直前のロスタイムに左隅に飛び込んだかに見られたトライをスローフォワードをとられたのがありましたが、レフェリーの立ち位置から見れば、やむをえな20071006_04いところ。まあ、最後まで貪欲にトライを取りにいく姿勢を見せてくれたから、あれも自分の中では1トライを進呈して、中大の得点は19点ということにしておきましょう。(あの位置からではゴールキックは外れたでしょうから・・・) 

 ③80分津波のような関東学院フォーワードのプレッシャーを受け続けながら、前半18分にフォワードの要の真壁を負傷退場で欠くなどで、満足にバックスに球出しができない状況での、この結果はやむなしか。これまでの2戦で、威力を発揮したドライビングモールが封じられ、あれだけスクラムで押し込まれては、手の打ちようがないだろう。と20071006_03りあえず、自分的には、今日のゲームは19-43で24点差の敗戦ということになろうか。

 それにしても、最近は、ラグビー場で応援団が、試合前の校歌斉唱したり、ハーフタイムショーがあったり、ボールボーイならぬ、ボールガールがグラウンドを走り回ったり、いろいろなことやってくれますよね~。お隣の神宮球場では東京6大学野球の法政VS 東大戦がやってましたし、帰りに地下鉄外苑前駅の階段を降りていったら、中日ドラゴンズの野球帽をかぶった一段とすれ違うなど、神宮外苑はスポーツの秋真っ盛りです。

20071006_02 20日は、同じく秩父宮での東海大戦。こちらは仕事で観戦できない。今シーズン、観戦しないゲームは勝てる、というジンクス(といっても、まだ1回だけだが・・・)に大いに期待しよう。

 それにしても、写真を見るまで気がつかなかったんだけど、今日のゲームは中大がホームチームで、関東がビジターだったのだが、ホームチームがセカンドジャージで、アウェイのチームがファーストジャージだった。大学チャンピオンに敬意をはらって、ということもあるのだろうが、ジャージが似通った場合は、双方がセカンドジャージを着用するが、それも似通っていた場合は、抽選ではなく、ホームチームがファーストジャージを着るというのが正しい、と思うのだが、どうだろう。
 もちろん、実はこれまで、中大はセカンドジャージのときのほうが、いいラグビーをする(笑)、という経験則が僕にもあるのだけれど、それならば、今の白ジャージをファーストジャージにすればいいんじゃないのかな? 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神はいないから、いろいろ起こるのだ!

10月は神無月だからか、いろいろなことがあるよね。

読売巨人軍がセリーグで優勝したらしいね。

確か、15,6年前までは、「読売興業株式会社」という、名前だけでは何をやっているのか判らない珍しい名前の会社だったところですよね~。

沖縄での集団自決に関する教科書記述問題で、見直し論議だって?

「今後は、沖縄戦に詳しい学識経験者も加えて検討したい」と文部科学省の見解です。

おいおい、今までは沖縄戦に詳しくない人たちの意見ばかりで教科書を検定してた、ってことを認めちゃったんだね~。潔いことだわね。これって、以前、男子による皇位継承論議の折りに、自民党や学識経験者と呼ばれているらしいお偉方が、女系天皇の賛否について「皇室の内情に詳しくない輩が論議するからこういうことになるんだ」ということを言っていて、結局、男子が継承することになったのだから、文句はいえないんだろうなあ。何しろ、対象事象について門外漢が論議して、教科書検定をしていたことを文部科学省と政府が認めた訳ですからねえ・・・。

 神無月ではなかったけれども、富士スピードウエイでのF1グランプリも、あまりの運営のお粗末さに、「本当に世界のトヨタが威信にかけてしかけたレースだったの?」と思ってしまうくらい、お粗末で情けないよね。200億ものお金をかけて、整備した筈のレース場で起きたいろいろな不祥事ですから、仮にトヨタ車が優勝しても、まったく喜べなかったでしょうね。やっぱり、自動車専業メーカーのトヨタはクルマだけを作っていればいいのでは? 所詮、クルマを売ることに長けた会社なのですから、餅は餅屋に任せてみては、いかがですかね?と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »