« ゲーム前からなんと不吉な・・・校旗が半旗 | トップページ | 「なごみーず」ですっかりなごみ~な一夜 »

トンボさん、トンボさん、睨めっこしましょ!

 つい、このあいだ、稲刈りを始めたと思ったら、今日で最終日である。とはいっても、僕はこの間、何もしていない。父親が全部一人で作業している。 サイクルとしては、

1日目:稲刈り⇒2日目:乾燥機で乾燥⇒3日目:脱穀、玄米を袋詰め⇒繰20071007_01り返し

となるが、雨の場合は乾燥以外の作業はできないので、いわゆる晴耕雨読。以前も書いたが、機械化の影響で、ほとんど一人で1町4反の田んぼの稲は、30キロ入りの袋に詰まって、倉庫の中で供出を待つまでになる。

 今日は、父親が午後から、隣町のカラオケ大会に出場するから、「おまえ、やっとけ」てな具合であり、結局、稲刈りの初日と最終日だけ、コンバインに乗ることになる。おかげで、なかなか、コンバインの操縦法を細かいところまで覚えられないんだよね、これが。一年に2日くらいしか乗らないんだものなあ。で、このコンバイン、僕のクルマよりも高い、ときてるから、コストパフォーマンスはいかばかりなものか。まあ、ウチなどは、コンバインも乾燥機も中古で買ったもの、なんといっても、ヤル気のない農家なもので、あんまり金はかけないのに、隣近所のうちで、ウチの半分くらいしか田んぼがない家でも、ウチよりも高価でデカイ機械を新品で買ったりしているところを見ると、確かに20071007_02機械のおかげで、農作業は格段に楽になったのだろうが、結局、機械代を何年もかけてローンで支払い、支払いが終わった頃には、年に何日も稼動しない機械がちゃんと壊れて、また新車の購入、という農機ローン地獄のようになってしまうらしい。哀れなものだ・・・。

 その点、ウチなどは、親父も年だし、体力的にできなくなったり、機械が壊れたら、もう農業はお終い!という感じである。でも、これまで、タダ同然で食してきたオコメを、買わなければならない、と思うと少し、考えてしまう。まして、米が無くなると、何か手土産をもって貰いに来る親戚も数知れず、これも含めると、一軒の兼業農家がこの世からなくなるというのも、ささやかながら、地域経済に与える影響というものがあるのだろう。 なんといっても、我が家の愛犬TANUKI号は、一年中、コシヒカリを食ってるんだから贅沢なものだ。もちろん、TANUKI号の分まで計算に入れて、米を炊いているわけだから、文字通り、同じ釜の飯を食う家族同然の奴である。

 さて、それでも午後2時くらいには、全作業を終えて、日が高く、せっかく20071007_03、着た作業着が、まだ汚れてもいないので、トマトの畑のハウスの骨組みが壊れていたのを撤収したり、ミョウガを採取して過ごしていた。家の裏の、これも親父が蒔いたコスモスが、育ちすぎて、自分のせいの高さよりも伸びていて、道路際などでは、まことに見通しが悪くなっているので、少し刈ったりして、見通しを確保した。

 見ると、トンボがブロック塀の上で、夕日を浴びて羽を休めていた。それも2匹が、まるで睨めっこしているような感じである。そういえば、田んぼにも、最近は、イナゴを見ることがなくなった。長男が保育園に行っている頃は、よくイナゴを捕まえたりしていたものだが、ここ4,5年は皆無である。カタツムリなどもまったく我が家の庭から姿を消したし、以前は、夏になると、アブラゼミの合唱で、うるさくて目を覚ましたりしたのに、そういう経験も最近はない、トンボもモンシロチョウも本当に見かけなくなった。あまり有り難くない蚊も蝿も、うんと数が少なくなったし、ああ、そうか、だから、こうした害虫を餌にしている虫や鳥が少なくなったのだ。 川の水は僕が小学生の頃よりも、奇麗になったのに、悲しいことである。

 明日は雨らしい。まあ、自分は出勤だから、どうでもいいけど・・・。

 

|

« ゲーム前からなんと不吉な・・・校旗が半旗 | トップページ | 「なごみーず」ですっかりなごみ~な一夜 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132155/16688983

この記事へのトラックバック一覧です: トンボさん、トンボさん、睨めっこしましょ!:

« ゲーム前からなんと不吉な・・・校旗が半旗 | トップページ | 「なごみーず」ですっかりなごみ~な一夜 »