« 生牡蠣や ああ生牡蠣や 生牡蠣や 仙台グルメツアーPartⅠ | トップページ | 寒いぞ! 仙台 »

仙台の夜は奥が深い 仙台グルメツアーPartⅡ

 松島から仙台に戻る仙石線のボディーには「サイボーグ009」のイラストが・・・、い20071117_04や、車内のそちこちにも石ノ森章太郎のアニメが描かれている。そういえばこの辺は氏のふるさとである。僕が旅行の幹事なら絶対に石巻にある「石ノ森漫画館」を予定地にするのに残念である。こちらも後のお楽しみということで・・・。それにしても、車内には黒いロングブーツをはいた女性が多かったなあ・・。

 さて、今夜のお宿はメトロポリタンホテルである。駅に至極近く、ゴージャスな雰囲気のあるホテルであった。実際、館内及び客室内の設備は申し分なく、酩酊した職場旅団がチェックインを待つ間、ロビーにたむろしている光景は完全に周囲から浮き上がっていた。部屋は20階(建物は21階建て)で窓からの仙台の夜景も素晴らしい。TVも地上波デジタルが見れるシャープの薄型液晶TV。シングルルームなのにベッドもセミダブルでゆったりしている。ユニットバス&トイレには電話もあって、用を足しながら電話もできる。いや、至れり尽くせりである。

 夕食はホテルから徒歩30秒の「ステーキハウス伊勢屋」の伊勢屋コース。3種類の前菜・刺身(マグロとタイ20071117_06 ?)・木の葉カレイの焼もの・牡蠣の味噌鍋・サーロインステーキ(かヒレ)をお好みの焼き加減・ライス・味噌汁・香の物・デザート で1万円。仙台といえば牛タンであるが、ステーキもあなどれない、恐るべき仙台の底力である。メインのステーキにたどり着くまでいろいろ食べたので、どうかとは思ったが、あっという間に150グラムが口の中で蕩けてしまった感じだ。こん な美味い牛肉は食べたことがない、一種のカルチャーショックである。

 宴会の後は自由行動で、ロフトの前の呼び込みのお兄ちゃんにおだてられてカラオケボックスへ行き、ちょっと青春してしまいました。この御仁、2時間後にカラオケボックスを退散した私たちに、また近寄ってきて「いいカラオケが近くにあるんですけど~」と声をかけてきました。まったく~。

20071117_05 ちょっと騒ぎすぎて、ジャズでも聴いて落ち着きたいと思ったので、携帯のネット検索でリラクシンという店を探し出し、歩くこと10分。建物の前でストリートミュージシャンをやっているという男女のいとこ同士2人連れの歌をきいている間に、ライブ演奏の時間が終わってしまったが、午前0時の閉店まで静かに過ごした。

 その後 「じゃあ、ラーメンでも食べて寝ましょうか」ということになって駅周辺を歩き回ること数十分、「仙台人は飲んだ後、ラーメンが食べたくないのか知らん?」と疑いたくなるくらい、「ラーメン屋がない・・・」やっとのことでタン麺にありついたのは1時近かったろうか。

 

|

« 生牡蠣や ああ生牡蠣や 生牡蠣や 仙台グルメツアーPartⅠ | トップページ | 寒いぞ! 仙台 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132155/17114772

この記事へのトラックバック一覧です: 仙台の夜は奥が深い 仙台グルメツアーPartⅡ:

« 生牡蠣や ああ生牡蠣や 生牡蠣や 仙台グルメツアーPartⅠ | トップページ | 寒いぞ! 仙台 »