« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

フランシーヌの場合は・・・

 3月30日の日曜日とくれば、どうしても口をついて出てしまうのが「フランシーヌの場合」のメロディーである。

 1969年3月30日の日曜日の朝、フランシーヌというパリジェンヌがシンナーを頭か20080330_01_5らかぶり、焼身自殺を図り、30年の短い生涯を終えた。 小学4年から5年生になる春休み中の僕にとって、自分で自分の身に火を放つ行為が信じられなくて、言い表せないほどの恐怖心をいだきながら、ニュースを見た記憶がある。その恐怖心は、その一年半後に三島由紀夫が、割腹自殺を図る事件が起こるまで、ときどき、自分の夢に中に現れては、汗で全身をびっしょりになった朝を迎えることがあった。

    フランシーヌの場合は あまりにもお馬鹿さん
    フランシーヌの場合は あまりにも淋しい
    3月30日の日曜日
    パリの朝に燃えた命ひとつ フランシーヌ

  新谷のりこの歌う「フランシーヌの場合」という、この事件を取り上げた歌が、それこそ、テレビ、ラジオで聞かない日はない、という社会現象にまでなったのは、世界中がアポロ11号の月面着陸の話題に沸いていた頃のことで、我が家の居間に初めてカラーテレビが鎮座ました頃である。「月面着陸をカラーで見よう」という某家電メーカーのCMに祖父がつられて、買ったものの、当の月面からの中継はモノクロであって、気丈な祖母に、散々罵られたのを覚えている。その祖母の命日が今日、3月30日であったが、その日が日曜日であったかどうかは、覚えていない。大学2年の春休み期間中で、それこそ毎日が日曜日だったからである。

    ホントのことを言ったら お利口になれない
    ホントのことを言ったら あまりにも悲しい 

20080330_02_3  フランシーヌが自ら死を選んだのは、泥沼化するベトナム戦争と、ナイジェリア内戦、いわゆるビアフラ問題に抗議して、ということになっている。当事国であるアメリカや南北ベトナム、イギリス、ナイジェリアとは、なんの関係もないフランス女性の死が、国際的にどれほどの影響を両問題に与えたのか、となると、まったく問題外だったと思うが、当時、欧米、日本でも盛んだった学生運動に与えた影響は計り知れなかったろう。奇しくも、このレコードの発売された69年6月15日は、加熱する反安保闘争の中、国会への全学連の突入時の警察・機動隊との衝突で、東大生の樺美智子さんが亡くなった、まさにその日であった。彼女の死が、その後の安田講堂決戦に至るまで安保闘争の悲劇のヒロインとして神格化されていくのと同じタイミングで、「フランシーヌの場合」は学生たちのテーマソングとして広がっていったのだ。

    ひとりぼっちの世界に 残された言葉が
    ひとりぼっちの世界に いつまでもささやく 

 学校の廊下で、この歌を口ずさみながら歩いていると、先生に「そんな歌ではなく、もっと明るい、小学生らしい歌を歌いなさい」と小言を言われたことがあった。新谷のりこさんは現在でも、歌い続けておられるようだが、イラク内戦、チベット問題と、40年前と、場所さえ違えど、なんら変ることのない国際情勢の中、それに抗議して、焼身自殺を図ったり、割腹自殺する人間が出たとしても、やっぱり「お馬鹿さん」で片付けられてしまうのだろうか? それとも黒焦げになった死体の傍を遠回りして「そんなの関係ねえ!」とばかりにやゲーム機や携帯電話ばかりと向き合いながら皆、行ってしまうのだろうか。

   フランシーヌの場合は 私にもわかるわ
   フランシーヌの場合は あまりにもさびしい
   3月30日の日曜日
   パリの朝に燃えたいのちひとつ フランシーヌ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花久の里のバロックコンサート

 鴻巣市花と音楽の館かわさと「花久の里(かきゅうのさと)」で行われた第6回フラワーコンサート(主催:フラワーコンサート実行委員会)に出かけた。リコーダーの花岡和生とチェンバロの岡田龍之介という、この2つの楽器の日本における第一人者のお二人によるバロックコンサートである。これを聴き逃す手はないというものだ。もしかしたら、鴻巣市でバロック音楽のコンサートが開催されるのは初めて(?)かも知れない。

 この施設は、元自治庁長官の青木正、元環境庁長官の青木正久と親子2代に渡って衆議院議員、国務大臣を務めた青木家の屋敷を、遺族から合併する前の旧川里町が譲り受けたものを、鴻巣市になってから改修したもの。正久氏が、日本バラ会の副会長を務めたり、バラに関する著書も著すなど無類のバラ好きであったことと、音楽愛好家の国会議員の集まりであった音楽議員連盟の会長を務めていた関係で、「花と音楽の館」として昨年整備された、という。庭園の花を愛でながら、サロンコンサートが楽しめるホールや、手打うどんの食堂や、茶室などもあり、和洋折衷の憩いの場といったところか。20080329

 僕も、仕事で以前、ここを訪れたとき、ホールの残響の良さと、雰囲気に、バロックや室内楽にピッタリではないか、と感じていたので、このプログラムをみて、是が非でも聴かなければ、ということになった。残念ながら、新しくて、とてもいいホールなのに、中古を譲り受けたというグランドピアノの状態は劣悪で、とても音を楽しむようなものではない。今回は、ピアノではなく、チェンバロだったのも、興味をそそられた理由の一つ。

 プログラムは、2部構成で、最初に実行委員会の野本恵司会長のあいさつがあった。「あんまりお喋りが長いとアンケートに書かれてしまうので短めにします」と言った割には、結構長かったなあ。この人、本業は「つけしん」という市内の老舗の漬物屋さんであるが、最近はなぜか、伝統の奈良漬よりも、「こうのすコロッケ」という漬物屋らしくない商品のほうが有名になっていて、いろんなイベント会場に行くと、大抵、白い調理服をまとってコロッケを揚げているのに出くわす。以前は、地元鴻巣のコミュニティFM放送局である「FMこうのすフラワーラジオ」で「行け行けクラシック」なる番組のパーソナリティをやるなど、音楽愛好家としても知られていて、現在は市議会議員としても活動しているなど、どれが本業なのかわからないほど、いろんな肩書きをお持ちである。何しろ、この「つけしん」という漬物屋、店内にはいつもクラシック音楽が流れている。以前、買物に行ったときも、バッハのクリスマスオラトリオなんかBGMにして奈良漬をポリポリ試食をしたことがあった。

1. ヘンデル/リコーダーソナタ ハ長調 HWV365
2. マルチェッロ/リコーダーソナタ ニ短調 作品2-11
3. ヘンデル/リコーダーソナタ ト短調 HWV360
4. ヴィバルディ/「四季」より「冬」第2楽章
(休憩)
5. クヴァンツ/無伴奏リコーダー曲集より3つの小品
6. ディフリ/クラブサン曲集より
7. オトテール/プレリュード ニ長調 作品7
8. オトテール/組曲 ニ長調 作品2-3
(アンコール)
9. J.S.バッハ/G線上のアリア
10. J.S.バッハ/シチリアーノ

20080329_01 潤いのあるリコーダーの響きと、乾いたチェンバロの伴奏にのって典雅な旋律を奏で始めると、そこが、周囲にのどかな田園風景の広がる(ばかりか、ステージ後ろの大きなガラスの向こうには、青いバラック屋根まで見えている)手打うどん屋(失礼!)であることを一瞬のうちに忘れさせてしまう。 カーテンをひていないのは、おそらく響きの関係だろうが、外の庭園を見学している人たちが、物珍しそうに演奏中のお二方を後ろから覗き込んでいくのが面白い。
 お客は決して多い、とはいえない、多分、60人くらい(?)だが、もちろん、こんなところまでバロック音楽を聴きに来るくらいだから、皆、熱心に温かく聴き入っている。想像以上に、ここのホールの響きは、チェンバロに合っている。リコーダーに関しては、少々、フラット、というか、割れ、かすれ音が耳につく、というか残る感じで、尺八の響きに近いような感じに聴こえてしまった。音楽専用のホールの設計ではないので仕方ないのかもしれないが、聴く場所によって、かなり受ける印象が変わるようだ。

 休憩時間に、近寄ってみると、チェンバロは東松山市の堀洋琴工房の故堀栄蔵氏の手になるもので「HORI」のロゴがあった。 リコーダーについても、もちろん、花岡さんが今日使っていたのは違うが、お隣の北本市にはトヤマ楽器というリコーダーの国内のトップメーカーがある。所沢市にはフルートの生産で世界的に有名なムラマツというメーカーがあることで知られているが、こうしてみると埼玉県というのは、ヤマハや河合楽器のある浜松には足元にも及ばないかもしれないが、楽器の製造ではかなり重要なウエイトを占めているのではないだろうか?

 とにかく、初めて聴く曲が多くて、演奏に関してコメントのしようもないのだが、久しぶりにチェンバロの音を、ましてこんなに近くで聴いたのだから、楽しくなかったはずはない。変なハコモノとかまったく使われない道路ばかりを残して、後は知らん振りの政治家が多い中で、青木先生は、とても良い物を地元に残してくださったものである。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

肉巻きおにぎり

 なにか最近、食べ物のことしか書いてない。
先月、2週間ほどおかゆとうどんばかりの食生活を体験したせいか、少し、食べ物への視点が研ぎ澄まされた、というか。
 先週、北鴻巣の長崎屋で地元の商業者グループが鴻巣市の物産展を開催していて、その中で、なぜか宮崎県の物産も売っていた。たまたま、ある人から、宮崎名物の「肉巻きおにぎり」が美味い!から、是非、買いに来てください、とお声をかけていただいたのだが、所用で行けなかったので、妻に買ってきてもらった。20080319_01_800

 例によって、包み紙に東国原知事のイラスト。まさに、宮崎イコールそのまんま知事のイメージで、宮崎とついたものには、ほぼ100%、東国原知事の顔がついていると、少々食傷気味である。そんな中で、宮崎県の正確な位置を答えられない高校生が57%、大学生でも33%もいるらしい、という調査結果が日本地理学会から発表された。商品が売れても、どこで作られていたのかわからない、という意味では、知事の八面六臂の活躍も空回り、ということだろうか。

 ずっしりと重い、紙包みを明けると、青いレタスの葉に包まれた肉塊が出てきた。おにぎりを、独特のタレにつけこんだような豚肉(それも、あまり薄くない)で、ぐるぐる巻いてあるらしい。ゴマがまぶしてあるところは、焼き肉屋で豚ロースを焼いて、焼き肉ダレにつけたもので、おにぎりを巻いたような感じだ。

 一口かぶりついてみると、意外とあっさり、食いちぎれれるので柔らかい。20080319_02_800 「おお!」
牛カルビの焼き肉よりもロースのショウガ焼きのほうが好きな自分にとっては、存外、お気に入りの味である。惜しむらくは、レンジで加熱してから食べた方がよかったかな・・・。

 もともとは、宮崎市内の繁華街で、酔客相手に、お土産用に売っていたものらしいので、宮崎市民でも、知る人ぞ知る、みたいな食べ物だった、というのだが、元々、豚肉とご飯の相性は抜群なので、別に驚くほどのものはないかも知れないが、結構、自宅で作るのは面倒だろうな・・・。

 でも、ファーストインプレッションが、強烈だったので、これからは、肉巻きおにぎりを食べる度に、東国原さんの顔が目に浮かびそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いがまんじゅう

「いがまんじゅう? 何ですか、それ?」

「伊賀忍者の保存食のひとつでね・・・」「え?・・・」と、それは冗談です。

 酒飲みの私が言うのも何なのですが、「美味しいですよ~!」 

 Img_0029_800 ちょっと見は、赤飯のおにぎりですが、食べてびっくり、中からお饅頭が出てくる、という何ともミステリアスな食べ物で、栗の実の部分がまんじゅうで周りを包む赤飯が栗の「いが」を模している、ということで「いがまんじゅう」なる絶妙なネーミングで呼ばれているようです。

 お赤飯ですから、ごま塩のしょっぱさと、アンコの甘さ、モチ米のモチモチ感とこしあんのしっとり感が口の中で、渾然一体となって、ああ、それは何とも言われ得ぬハルモニイを奏でながら、五感を陶酔の極致に誘うのです・・・とは、ちょとオーバーですかね。

 鴻巣市と合併した旧川里町が発祥の地といわれる郷土食で、昔から北埼玉郡市域で広く食されているものです。 昨日、東京から来られたというお客様から、鴻巣市でお土産にできる美味しいものはありませんか?と尋ねられたので、「では」と、クルマをとばして用意させていただきました。

 実は、鴻巣市は市になる前の郡名でいえば北足立郡で、昔の荒川で隔てられていたため、北埼玉郡のいがまんじゅう文化は育たなかったようです。「川里名物」も現在では、合併して「鴻巣名物」ということになってしまったようで、従前の鴻巣市民でも食べたことのない人が多いようですが、固いこと言わずに、まあ鴻巣土産でもいいでしょう。Img_0024_800

 初めに行った「一福」というお店が売り切れだったものですから、ちょっと遠くの田島製菓さんに行ったため、帰りの時間の関係で、実物を食べていただく機会がなかったのですが、「大変、美味しかった」と夜、電話がありました。実は、僕は一福さんのものよりも田島さんのいがまんじゅうの方が、好きだったので(もちろん、これは個人の好みの問題ですので、一般的には、いつも午前中には売り切れてしまう一福さんの評判がいいようです。)、「ああ、よかった・・・」と思った次第です。

 同じような一見ミスマッチ食品には「いちご大福」とか、お隣の北本市にはトマト大福なるものまであります。いちご大福はともかく、トマト大福は、大のトマト好きである私でも全くお手上げです。どんな料理にもあうトマトが、どうしてもあんことの相性が悪いのか・・・。まあ、話のネタに一度試してもらうくらいでいいでしょう。 そういえば、わが鴻巣市には「ぶどう大福」なる巨峰一粒を丸ごと大福の中にいれちまったというものがありますが、これは市内で巨峰が獲れる時季だけの限定販売のため、一年中食べられないので、鴻巣土産というのにはちょっとポイントが低いでしょう。もちろん、これらの○○大福といった新興菓子類とは、いがまんじゅうでは歴史が全然違います。Kc350052

 埼玉県の北部は、今、行田市のゼリーフライやフライなどで、かつてないB級グルメブームが高まっています。いがまんじゅうも立派なB級グルメだと思うのですが、今、全国各地で開催されているB級グルメ大会の出場条件が、その場で調理して何千人という人に食べてもらえること、ということなので、手間暇かかる「いがまんじゅう」を一度に調理して売りまくるというのは至難の業で、出たくても、出れないんだよね~、と以前、別のお店のかたがニコニコしながら言ってました。

 その微笑みの裏側に隠された真相は
B級グルメで優勝して、お客さんが、わっと押しかけてくると、忙しくて寝る暇もなくなっちまうだろう、そんなにしてまで、別に稼がなくてもいいんだよな~。
 のようです。この辺が、いかにも郷土食ですよねえ・・・。

 でも、このいがまんじゅう、全国展開する大手コンビニチェーンが、いつ目を向けてくれるのか、個人的には楽しみでもあるんですけどねえ。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

玉子かけご飯

 自分はともかく、最近、あんまり食べなくなったよなあ~。
いえ、玉子かけご飯のことです。この場合は、「卵かけ」ではなくてやっぱり「玉子かけ」だよね。旅行などに出かけても、朝食で生卵が出てくるなんて、本当になくなったものなあ。10年くらい前までは定番だったのにねえ。吉野家の牛丼も、玉子をかけないと、食べた気がしないし、我が家でも、玉子かけご飯専用の醤油を買ってきて、現在、マイブーム中です。

 小学3年生の頃まで、ウチでニワトリを飼っていた頃は、もう毎朝のように玉子かけご飯だった。と、いうより、納豆とのりたまと生卵くらいしか、おかずがなかった。何よりも朝一番で、鶏小屋に忍び込んで(何も自分のウチの小屋に忍び込むことはないのだが・・・)、親鳥を追い立てて、温々の産みたて卵を2,3個失敬してくることが日課だった。

 市販の、どんなに高い卵よりも、殻が固くて、なかなか割るのが大変だった。何しろ、アサリの味噌汁の時には、アサリの貝殻を石でたたき割って細かく粉砕して、鶏の餌に混ぜていたから、(これも、結構重労働だったなあ)、カルシウムが豊富なせいだった。他にも、自宅の畑で採れたキャベツなどの青菜も刻んで餌と混ぜていたり、日中は、庭で放し飼い状態で、運動も十分だったので、かなり健康そうな鶏Kc350112たちによって、もたらされた我が家の生卵は、今から想えば、なんとも贅沢な味だったなあ、と想う。それこそ、今みたいにコレステロールなんて言葉も知らなかったから、一日何杯でも気兼ねなく食べられたし・・・。

 写真は、この前、大宮の「風来居」で塩ラーメン(750円)と玉子かけご飯(200円)を注文したときのもの。結構、この組み合わせで食べることが多いし、カウンターのお客さんでも、他に4,5人いたのではないだろうか。ここの玉子かけご飯はオカカと牛肉の佃煮のようなものが隠し味できいていて、お気に入りなのです。もちろん、かの「山頭火」の流れを組むラーメンも抜群に美味いのですが、どうしても、玉子かけご飯が走馬燈のように頭の中を駆けめぐる瞬間には、ここの玉子かけご飯だけを頼んで、お替わりしたくなります。シンプルなのだけど、ウチではこの味が出せません。Why?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黒のマイブーム

 すでに旧聞に属するのかもしれないが、「黒ブーム」が一世を風靡した。
まな板、綿棒、トイレットペーパー、タオル、軍手、ウーロン茶、酢、大豆・・・高級感あふれる「黒」が売れているらしい。(ケータイだけはホワイトプランが一人勝ちしているみたいだけど。)

 ウチのカミサンは、かねてから出稼ぎのフィリピーナと見間違われるほど色黒なので、昔から黒い服ばかり着ていた。まあ、相対的に色白に見せかけようという涙ぐましい努力なのだが、「馬っ鹿だなあ、黒い服が紫外線を吸収して、もっと日焼けして黒くなるぞ」と忠告したものだが、とにかく、自分のクルマばかりか子ども達にも黒い服ばかり着せたがるのでよくケンカしたものだ。

 自分はというと、とりたてて黒に愛着を感じるようなことはないと思っていたのだが、やはり髪の毛は黒がいいねえ。かねてから、金髪とかには見向きもせずに、まして、日本の女性が髪の毛を金や茶色に染めているのは、堪えられないですね。あと、ビールも昔はよくサッポロの黒生を飲んでましたし、大学時代はニッカのブラックニッカ、黒の50などをよくボトルキープしていました。

20080311_05  で、です。今、黒のマイブームといえば、「イカ墨のスパゲティ」なのです。いやあ、こんなものを創作したイタリア人ってすごい、と思います。このまったり、ネットリした食感と味わいはたまりませんねえ。家でも新鮮なイカが手に入ったときなどは自ら調理するのですが、息子たちは気味悪がったり、歯や口の周りが黒くなるから、と嫌がって食べません。死ぬほどイカの一夜干しやイカの姿焼きが好きなカミサンも、これだけはダメらしい。

 写真は、サイゼリヤの「イカの墨入りスパゲッティ」ですが、ファミレスで格安の値段で、イカ墨のパスタが食べられるのは嬉しいものですね~。これで499円ですからマルゲリータビザ(399円)とドリンクバー(180円)で1,100円で食事ができるのだから、懐の淋しい時は助かります。

 ただし、注意しなければならないのは、翌日です。初めてトイレの便器の中に、真っ黒なウンチを発見したときのショックといったらなかったなあ・・・。「こ、これは何か悪い病気に違いない」と真剣に考えちゃったりして、ヨクヨク考えると、「イカ墨」がウンチを黒く染めていたのですね。そういえばローリングストーンズに「PAINT IT BLACK(黒く塗れ)」なるヒット曲があったですねえ。関係ないけど・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

びっくり鴻巣市役所

 3月である。鴻巣市役所では恒例の「鴻巣びっくりひな祭り」が開催中である。20080301_03

 土曜日のせいもあってか、市役所の中はモノスゴイ人の波であった。玄関前には約1800体の人形がお出迎え、中にはいつもの高さ日本一を誇るピラミッド型ひな壇に1425体のひな人形と中央階段と2階にもそれぞれ450体、220体のひな人形。鴻巣市役所は期間中、人形の館と化す。

20080301_02 玄関を入って、初めてこのピラミッドを見上げる人の、「うわあ~、何こ れ!?」という驚きの表情を見るのが好きである。そして決まって、やおらカメラや、携帯を取り出して撮影しながらつぶやくのだ。「全部、入りきらない・・・」

 今日は、イベント日ということもあって、駐車場ではパーキングバザール、ミニコンサート。市役所ロビーでも折り紙教室や、「アンサンブル鴻巣ヴィルトオーゾ」という鴻巣市がスポンサーになっているプロの室内楽団のメンバーによるカルテットの演奏20080301_04などもあって、人の多さには閉口し たが結構楽しめた。

 大多数の人が一階だけ見て、お帰りになっているよ うだが、2階の展示コーナーもなかなか面白い。中でもこのひな祭りのために人形を寄贈した人たちの思いを綴ったメモが張られているパネルは、一枚一枚読んでいるうちにジーンとなってしまうものが多くて、暫しの間、そこに立ち尽くしてしまった。

 20080301_05エントランスの両脇にある竹雛もなかなか愛嬌があって面白い。竹の切り口が横から見るとハートの形に見えるとあって、若い女性に人気であった。もっとも、主催者のほうはそれには気づいていないようで、どうやら偶然の産物らしかった。

  こんなに、カメラをもった人でごった返す市役所は多分、日本国内、いや、世界中にもないのではないだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »