« バレンタイン無情 | トップページ | 黒のマイブーム »

びっくり鴻巣市役所

 3月である。鴻巣市役所では恒例の「鴻巣びっくりひな祭り」が開催中である。20080301_03

 土曜日のせいもあってか、市役所の中はモノスゴイ人の波であった。玄関前には約1800体の人形がお出迎え、中にはいつもの高さ日本一を誇るピラミッド型ひな壇に1425体のひな人形と中央階段と2階にもそれぞれ450体、220体のひな人形。鴻巣市役所は期間中、人形の館と化す。

20080301_02 玄関を入って、初めてこのピラミッドを見上げる人の、「うわあ~、何こ れ!?」という驚きの表情を見るのが好きである。そして決まって、やおらカメラや、携帯を取り出して撮影しながらつぶやくのだ。「全部、入りきらない・・・」

 今日は、イベント日ということもあって、駐車場ではパーキングバザール、ミニコンサート。市役所ロビーでも折り紙教室や、「アンサンブル鴻巣ヴィルトオーゾ」という鴻巣市がスポンサーになっているプロの室内楽団のメンバーによるカルテットの演奏20080301_04などもあって、人の多さには閉口し たが結構楽しめた。

 大多数の人が一階だけ見て、お帰りになっているよ うだが、2階の展示コーナーもなかなか面白い。中でもこのひな祭りのために人形を寄贈した人たちの思いを綴ったメモが張られているパネルは、一枚一枚読んでいるうちにジーンとなってしまうものが多くて、暫しの間、そこに立ち尽くしてしまった。

 20080301_05エントランスの両脇にある竹雛もなかなか愛嬌があって面白い。竹の切り口が横から見るとハートの形に見えるとあって、若い女性に人気であった。もっとも、主催者のほうはそれには気づいていないようで、どうやら偶然の産物らしかった。

  こんなに、カメラをもった人でごった返す市役所は多分、日本国内、いや、世界中にもないのではないだろうか?

|

« バレンタイン無情 | トップページ | 黒のマイブーム »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132155/40331729

この記事へのトラックバック一覧です: びっくり鴻巣市役所:

« バレンタイン無情 | トップページ | 黒のマイブーム »