« 至福の一日~前橋汀子ヴァイオリンリサイタル | トップページ | B級グルメ王は誰の手に?・・・Part1 »

道路建設には宝くじを!

 道路特定財源のための暫定税率が5月になると復活するらしい。考えてみると、4月には1回しか給油してない。今日、給油しようとしたら、スタンドの前に長蛇の車の列である。数えたら50台はある。いつも50リットルくらい給油するので、1250円くらいは安く給油できるのだが、この光景を見ると、いささか阿保らしくなってきた。僕の入れているスタンドは6台同時に給油できるのだが・・・。 3月末には1リットル147円だったものが、今は122円。カード会員で2円引きなので120円で入れられるはずなのだが、この調子では、1250円のために、小一時間並ぶかもしれない。自分の番の前にレギュラーガソリンが品切れになる可能性もある・・・。そう考えたら、あっさり、列を離れ、20分後にはコンビニで文庫本と缶ビールを2本買い、焼き鳥をつまみにして、自宅の畳の上に寝転がっていた。愛車の燃料計は限りなくEmptyに近づいている。多分、明日出勤途中に、ランプがつくだろう。

 この一ヶ月間で、民主党さんのおかげで、随分、我々は勉強させてもらったような気がする。ガソリン1リットル当たり25円も余分に税金を払っていた、という事実。もちろん、ガソリンには1リットル当たり54円弱の税金がかけられ、さらに5%の消費税があるので、56円くらい税金を払っているわけです。私の場合、月に2回50リットルずつ給油しているので5,600円。年間で6万3,600円くらい税金を払っている訳(俺って、結構、高額納税者なんじゃん・・・)です。自分の住んでいるところの道路整備よりも、ほとんどクルマの通行量のない地方の高速道路の整備にその税金が使われているのは、NHKの紅白歌合戦を見るたびに、あんな番組の製作のために受信料が使われているのと同じくらい、やっぱり納得できないわけです。北海道、九州、中国、四国を旅行したときに感じた、高速道路を走っているときの不気味さ、本当に対向車も前にも後にもクルマが見えない・・・。走っているのはレンタカーばかり・・・。

 高速道路が本当に国民生活に必要なら、福祉や教育と同じように一般財源で支出すべきでしょう。日本全国土に高速道路網を張り巡らすという、一大事業を、「暫定」税率というまやかし物で賄おうとすること自体が非常識です。 まして、高速道路の利用者からはちゃんと通行料金をとっている。ドイツのアウトバーンでも、アメリカの高速道路でもお金はいらないわけです。それがお金が必要になるということは、本来は必要のない道路だということの裏返しじゃないですか。もちろん、道路の建設費がアメリカの4倍もかかっている、というのは事実として・・・、なにしろ、東京23区内の土地の価格でアメリカ合衆国全国土が2つも買えちゃうわけですから。土地が高すぎるから、しょうがないのかもしれませんが、裏返せば、アメリカみたいに広い国土だから高速道路が必要なわけで、日本みたいに狭いところにそんなに網の目を這わせたかのような高速道路網はまったく不要だということなのではないでしょうか。であれば、税金で道路を賄うよりも、道路特定財源宝くじかなんかでやったほうがいいんじゃないでしょうか。そうすれば、あくまでも道路が必要だとおっしゃる建設会社関係者や道路族議員の皆さまがたくさん購入してくれるでしょうから・・・。

 今回の衆議院山口2区の補欠選挙。負けた自民党は「民意の反映とはいえない」と開き直っているが、この選挙が民意の反映でない、つまり、自民党と公明党が主張しているほうが民意を反映している、と自信をもっているなら、即座に衆議院を解散してみるべきではないでしょうか。心配はいらない。マスコミの世論調査でも、仮に今、解散・総選挙になっても民主党は今の倍になっても過半数には届かず、第一党にいはなれない、という予想が出ているのだから・・・。僕にとっては、明日、Emptyランプがついたときに、スタンドが長蛇の列で、レギュラー品切れだったらどうしよう、という、いかにも小市民的な心配事のほうが大きいのだけれども・・・

|

« 至福の一日~前橋汀子ヴァイオリンリサイタル | トップページ | B級グルメ王は誰の手に?・・・Part1 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132155/41036199

この記事へのトラックバック一覧です: 道路建設には宝くじを!:

« 至福の一日~前橋汀子ヴァイオリンリサイタル | トップページ | B級グルメ王は誰の手に?・・・Part1 »