« こらっ!テツヤ! なんばしよっとかいね! | トップページ | 桶川市民まつり »

和宮行列が通ったまち

20081104_01  11月3日は、桶川市で市民まつりがあった。知り合いに誘われて出かけました。目的は噂の皇女和宮行列を見ることです。

 午前中は、東日本実業団駅伝が走り抜けた中山道を、午後になると大河ドラマの「篤姫」でもお馴染みの皇女和宮が徳川家茂に興入れするために文久元年(1861年)10月に京都を出発し、中山道を江戸に向かい、11月13日に桶川宿にお泊りになったことを、記念して、その行列の再現を行う、といったものです。20081104_02

 行列前の集合場所である桶川小学校の校庭に行くと、いろいろな衣装に身を包んだ市民のかたがいて、記念撮影をしたり、なんとものどかな雰囲気です。和宮となんの関係があるのか判りませんが、鷹匠の皆さんによるパフォーマンス~放鷹術(ほうようじゅつ)が披露されたりしていましたが、途中、一羽の鷹が、大観衆に興奮してしまったのか我を忘れて、校外の木に飛んでいったまま、帰ってこないハプニングもあり、行列前からかなり賑わいをみせていました。和宮のお付の重臣役(?)はどうやら、市長さんらしく、なかなかご満悦のご様子で、「余は満足じゃ~」状態で、しじゅうニコニコされていました。20081104_03

 なぜか、郵便マークのはいった箱をもった飛脚がいたり、桶川名産のべにばなを持った可愛いお嬢さんがたも歩いていたり、再現というよりもかなりオリジナルな部分もあったようです。中山道に出ると、人ごみに紛れて、あまりよく見えなかったので、先回りして、駅を過ぎたあたりの歩道橋の上から、行列を待つことにしましたが、待ても暮らせどその影が見えません。気がつくと、なんと行列は途中の駐車場の中にしつらえたステージのところで、なにやらイベントをやっていました。ははあ、無事に桶川宿に着いて、どうやらお茶の接待を20081104_06 受けているらしい様子でした。

 11月13日に桶川宿泊ならば、必ず鴻巣宿も通っている筈なのに、鴻巣市ではあまり和宮のことが話題になることがありません。歴史に詳しい人に尋ねてみると、前日の12日の宿泊地熊谷宿を出た一行は、確かに鴻巣宿で昼食をとったことが記録に残っているとのことでした。いったいどんな昼食を食べたのか興味深深ですが、もし、堀北真希が鴻巣に来たら、メイキッスのランチでも食べるのでしょうか・・・

|

« こらっ!テツヤ! なんばしよっとかいね! | トップページ | 桶川市民まつり »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132155/43034695

この記事へのトラックバック一覧です: 和宮行列が通ったまち:

« こらっ!テツヤ! なんばしよっとかいね! | トップページ | 桶川市民まつり »