« 継続は力なり ちから~、ちっから~ CHUO! CHUO! | トップページ | 産毛といううぶなヤツ »

牛丼一筋八十年から30年

 カップラーメンと同じく、時折無性に食べたくなるものが牛丼、それもYOSHINOYAの、いわゆる吉牛(よしぎゅう)と呼ばれるものである。僕にとっては青春の味といってもよい。それが創業111年記念で一杯80円引きで21日まで食べられるというのだ。

 「牛丼一筋80年」というCMソングにのって、あれよあれよという間に全国に店舗を広げて、海外進出までしてしまったのは、僕が大学時代であった。ということは、牛丼一筋でなくなってから30年くらいたったのだろうか。当時の並盛りは300円。喫茶店でコーヒー一杯250円から300円の時代であった。高校時代に郵便局で時給300円でアルバイトしていたから、結構、貧乏学生にとってはそれでも高かったなあ。何しろ、当時の中央大学駿河台校舎の生協食堂ではカレーライスやたぬきうどん、きつねうどん、ラーメンが一杯80円で食べられた。つまり、カレーライス&たぬきうどんでも160円だったから、300円の牛丼は滅多に食べられなかった。それでも当時の吉野家の松田社長が中央大学出身であったせいか、その生協食堂の目と鼻の先に吉野家はあって、たまにパチンコや競馬で儲かった先輩に奢ってもらったりしたものだ。吉牛との出会いはまさしく、僕が新入生のときにサークルの4年生の先輩に連れて行ってもらったこの吉野家だった。20100115

 「たまにはこういうのも美味いだろう!300円で安いしな。同じ300円でもコーヒーじゃ腹は膨れないし」

 三重県伊勢の出身のK先輩は、サングラスの奥の目をきらきらさせて、牛丼をワシワシと口の中にかき込みながら、そうのたまったものだ。

 1978年に大学が多摩に移転すると、生協食堂のカレーライスとたぬきうどんが一気に110円に値上がりした。つまりカレーライスとたぬきうどんを両方食べると220円になってしまった。そして、何故か吉野家も後を追っかけて、大学敷地内のバスターミナルの中に開店したが、こちらの値段は変わらなかった。だが、いかんせん、当時の多摩校舎のまわりは僕の実家よりもド田舎で、地名だけは八王子市東中野と都会風だが、多摩動物公園駅から大学裏門まで長く延びる通学路のまわりは雑木林だし、ところどころに「マムシに注意」の立て看板はあるし、白門(大学正門)を出て当たりを見渡せば、まだ藁葺き屋根の家が見えたし、と本当にここは東京都なのか?といぶかうほど。当然、駿河台時代は大学を一歩出れば、喫茶店や定食屋を選ぶのに苦労しなかったのに、陸の孤島然とした状況の中、必然的にひとたび大学に来れば、一歩校外に足を踏み出せば、いつ食べ物にありつけるかわからない、餓死と隣り合わせの厳しい現実が待っているものだから、必然的に吉牛のお世話になることが多くなった。

 特に、午後9時に所属していた合唱団の練習が終わり、校地の結構端の方にある練習場から15分ほど歩き、バスターミナルにて本数の少なくなったバスを待つ間、どうしてもフラフラと吉野家の中に入ってしまう習慣ができてしまい、おまけに、当時、飲み会のあとは新宿の深夜喫茶やゲームセンター、ビリヤード場などで過ごし、始発電車に乗り込む前に、やはり吉牛である。例え、その飲み会を養老の滝でやったとしても、養老牛丼には目もくれず、吉野家にて締めの牛丼大盛りに生卵に味噌汁で500円という定番メニューであった。ひどい時には一日三食牛丼というときもあった。そのうち朝、起きてみたら角が生えていたり、血液型がY型に変わってしまうのではと心配するほど、食べまくったのである。

 そして、牛丼を食べる度に、K先輩のサングラスを思い出すのだ。10年ほど前にOB会で顔を合わせたきりだ。どこでどうしているのやら・・・相変わらず、牛丼食べてるだろうか。

 「つゆだくなんて邪道だなあ。そんならお茶漬けでも食えばいいのにな」

とでもつぶやきながら・・・・。

|

« 継続は力なり ちから~、ちっから~ CHUO! CHUO! | トップページ | 産毛といううぶなヤツ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132155/47304615

この記事へのトラックバック一覧です: 牛丼一筋八十年から30年:

« 継続は力なり ちから~、ちっから~ CHUO! CHUO! | トップページ | 産毛といううぶなヤツ »