« 産毛といううぶなヤツ | トップページ | こどもの日は大人の日 »

36年振りの涙

 何てことをNHKはやってくれたのだろう。

 眠気眼にボーっとした頭でも新聞のテレビ欄を見ていて良かった。もし、見逃して、後からこのことを知ったら、死んでも死に切れない。

 1975年3月にNHKホールで行われた、カール・ベーム指揮ウィーンフィルハーモニックの来日公演の再放送があった。

 もちろん、当時のこととて、映像も音質もかなり懐かしいアナログで、まさに記録としての映像になってしまったけれども、それだけで朝から午後2時が待ち遠しい、ワクワク興奮状態であった。誰彼かまわず。電話やメールをしたくなったりするのは久しぶりだ。

 36年前の3月といえば、高校1年生の春休み直前であった。当時、実況生放送だったかは定かではないのだけれども、僕は確か、最初はFMで聴いたのだ。最初に、まだ国歌ではなかった「君が代」の演奏があって、その瞬間のNHKホールのどよめきの後の静寂がすごく印象に残っている。

 何よりも、今日のオンエアでもやった、ブラームスの交響曲の第一番は、その後、歴史的名演と讃えられるだけあって、実に感動的というか、エキサイティングで、当時も今思い出しても至福のひとときだった。

 比較的、ゆったりとしたテンポで、第一楽章の冒頭の、ティンパニーの連打から、異様に漲る緊張感が伝わってくる。その瞬間から、今日はとてつもない時間を過ごすことになるかも知れないと確信しえた。鬼気迫るベームのタクトに、喰らいついてくるウィーンフィルの、一騎打ちみたいな演奏である。最終楽章あたりで、さすがにベームも年齢を感じさせるというか、息絶え絶えみたいな感じも見せるのだが、逆にウィーンフィルの面々が勝利の凱歌を奏でるようにコーダを迎えると、胸の高鳴りを外に爆発させたい聴衆が一気にブラボー三唱みたいな演奏である。クラシックの演奏会でこんなに高揚した気分になれたのは最初の経験だったと思う。

 翌日の、学校ではその話題で盛り上がったものだ。それまで、帝王カラヤンの信望者の多かった、我がクラスで、いきなりベームファンが増えたのである。

 2年になってからの、音楽の時間だったと思う。この時の演奏をNHKで放送したビデオを、T先生が流してくれた。当時は芸術科目は週一回2時限続けてであり、T先生は、最初の1時限は歌を歌わせ、次の2時限目は、芸術鑑賞と称して、レコード鑑賞だったり、先生が録画した演奏を聴かせるだけのものだった。

 僕はカール・ベームが演奏前に舞台の袖から出てきて、観衆の拍手ににこやかな笑顔で応えている表情が、クルリとオーケストラのほうに向き直ったときに、別人のような厳しいものになることを知った。演奏が始まると、FMの時と同じように、グイグイ引きこまれていくのを感じた。

 演奏終了後、僕は音楽を聴いて、初めて涙を流した。それも教室で・・・。ビデオの映るブラウン管の中でも、同じように涙を流している人がたくさんいた。

 その時と同じ類の涙かどうかは不明だが、36年振りに流した涙。ビデオの中で、「もし、人生をやり直せて、もう一度結婚するとしたら、また彼女を選びます」と嬉しそうに話したベームの頬に優しくキスをする細君のテア。今考えても、カッコイイ台詞だったな。

 36年前のいろいろなことを思い出し、あの頃にワープしたわけでもないのに、涙が出た。

|

« 産毛といううぶなヤツ | トップページ | こどもの日は大人の日 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132155/50796223

この記事へのトラックバック一覧です: 36年振りの涙:

« 産毛といううぶなヤツ | トップページ | こどもの日は大人の日 »