« 2011年2月 | トップページ | 2012年12月 »

白鳥の歌~美しき5月に

 その日は唐突にやってきた。5月18日、不世出のリリックバリトン、ディートリッヒ・フィッシャー=ディースカウの死。奇しくも、その日、僕は偶然にも、その日、車の中で聴くためのCDとして、ディースカウの唄う「詩人の恋/リーダー・クライス」(伴奏:アルフレッド・ブレンデル)を出勤前にチョイスしていた。翌日の朝刊で、彼の死を知った。虫の知らせというやつかも知れない。

 僕が彼の歌声を初めて耳にしたのは、高校時代の音楽の授業だった。週に一度の音楽の授業は2時限連続で、初めの1時限が歌唱で、2時限目は音楽鑑賞で、LPレコードや、先生が録音したNHK-FMの録音や、NHKのクラシック番組の録画ビデオの鑑賞だった。曲はシューマンがハイネの16の詩に作曲した歌曲集「詩人の恋」。それが、5月だったかどうか定かではないのだが、音楽の教科書でも初めの方に「美しき5月に」は掲載していたと思うので、多分春先だったと思う。美しくも恋の予感に胸を焦がす、不安な気持ちをにじます、透明で甘い彼の歌声に大いに魅せられた僕は、このシューマンの歌曲集と彼が生涯の友となる予感を感じた。1974年、高校1年の春に聴いた録音だったから、多分、伴奏はエッシェンバッハだったのか、それとも来日公演時の小林道夫氏の伴奏だと思うのは、音楽の田尻先生が「これが49歳の人の声には思えないでしょう」と言った言葉を、何故か覚えているからだ。15歳のニキビ少年にとって、49歳の御祖父さんらしからぬ、その余りにも若々しい声に唖然としたのだと思う。

 以来、5月になると、無性にこの曲が聴きたくなる。それももちろんフィッシャー=ディースカウの歌声で・・・。それほど好きなのに、シューマン以外は、シューベルトの3大歌曲集とマーラーの「さすらう若人の歌」、僕の所有する彼のLPレコード、CDは多くない。大学時代に合唱団にいた僕にとって、その当時、一番欲しかったものは、ディースカウの声そのものだった。彼の歌い方は真似できても、彼の声質には全然近づけなかったからなあ。

 あれから38年、美しき5月に帰らぬ人となった彼・・・、まだ死因が判らないようなので、このブログにどうコメントすればよいかためらっていたのだが、あれから毎日、この曲を聴いている。こんなに若々しいのに、この声の主はもう居ないのだと思うと、この減7度の美しくも不安げに響く和音から始まるピアノ伴奏が始まると、彼の声を聴く前に、涙が出てくる。歌手の死で、こんな悲しい気持ちになったのは、1980年に亡くなった世紀のカウンターテナー、アルフレッド=デラー以来のことだ。あの時は、秋葉原の石丸電気にフランスのハルモニア・ムンディから出たばかりの彼のLPを予約していて、それを受取に行く日に、彼の死をNHK-FMの何かの番組で知ったから、余計にそんな気持ちになったのだと思う。

 いずれにしても、僕にとって、彼の白鳥の歌は「美しき5月に」なのである。合掌・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こどもの日は大人の日

ようやく五月晴れとなった今日はこどもの日。国民の祝日に関する法律第2条によれば、「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する。」日となっているから、母の日でもあるのですね。

昔のように、鯉のぼりが優雅に空を舞っている風景は家庭レベルでは、ほとんど見られなくなったが、薫風にざわめいている木々の葉も新緑色は昔も今も変ることなく鮮やかです。僕は特に、この時期の柿の葉の緑が最も初夏をイメージする色だと思っています。そして視線を足元に転じれば、これもあっという間に、地面から溢れ出てきた雑草の緑にため息・・・。

今日は、埼玉県内のラグビースクールの指導者講習会が、上尾市の埼玉県スポーツ総合センターで行われました。いかにも小学生のパパ、ママという年齢の方から、お爺ちゃん位の年齢まで幅広く40人ほど集まったでしょうか。午前中は、新緑が目にまぶしい雑草の覆い茂った広場で、1時間30分、ストレッチやら、ボールを使ったオープンゲームを中心に、かなりハード(自分にとっては)なメニューでしたが、通行人の視線では、「いい年をした大人が、大勢でギャアギャアボールに戯れて、泥んこになって、まあ・・」というような光景だったと思います。「ラグビーは少年を最も早く大人にし、大人にいつまでも少年の気持ちを持ち続けさせることのできるスポーツだ」とは、確か元フランス代表の名フランカー、リブ選手の有名な言葉ですが、いつまでの少年の気持ちを抱き続ける人たちが、こんなにもいるのだなあ・・・」といたく感心した次第です。

もちろん、この感覚は午後の座学のワークショップでも引き継がれ、各グループが額と膝をつき合わせて、カンカンガクガクする光景は、まさしく中学校のグループ学習かな? すっかりリフレッシュした(若返った)面々が、明日の各スクールの練習で、どんなコーチングを披露してくれるのだろうか? 楽しみです。

家に帰って、汗を流そうと風呂に入ると、菖蒲湯でした。邪気を払い、身も心も洗い流して、飲んだビールは美味くない筈がないよねえ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2012年12月 »