「20世紀少年」って面白い(?)・・・かな

 朝から雨、それもかなりの量が降った。これが雪だったら、と思うと・・・。

 「20世紀少年<第二章>最後の希望」が本日封切になったので、早速映画館に出かけてみた。昨夜の日本テレビのプレ番組に影響されたわけではないし、実は<第一章>も観ていない。職場の同僚の「あまり大したことないっすよ」の一言で観る気が失せた。結構、好みの共通の人物の言葉であるからだ。なのに、なぜ雨の中、クルマを飛ばして羽生くんだりまで出かけたのかというと単なる好奇心。

 昨年9月、とある土曜日に今回の<第二章>のロケが鴻巣市で行われたのを目撃していたわけで、それがどのようにスクリーンに映し出されるか、気になっていたという次第。そのシーンとは、139分もの物語の一番、最後。唐沢寿明扮するケンヂがギターを背中に50ccの改造原チャリにまたがり、「帰ってきたヨッパライ」を口ずさみながら砂煙を上げて、荒野を疾走する、わずか10秒ばかりのラストシーン。<第二章>唯一の唐沢ケンヂの登場シーンといってもいいだろう。 

 撮影は荒川にかかる糠田橋(ぬかたばし)という鴻巣市とお隣の吉見町を結ぶ橋の、やや南側の河川敷で行われた。30人くらいのスタッフの割には、出演者は結局、唐沢氏ひとりっきりで、午前11時くらいから1時間半くらい行われた。当然、関係者以外は立ち入り禁止状態で大勢の太公望が釣り糸に気をたられながらも、遠巻きに撮影風景を見ていた。

 もっとも、かなりロン毛のカツラに帽子を深々とかぶっているうえ、「映画の撮影なので、近寄らないでください。撮影や大声を出すこともご遠慮下さい」と、交通整理係のスタッフに注意されているので、最初は誰なのかわからなかった人が大半だったが、顔見知りの市の職員がいかにも関係者然としてスタッフと言葉を交わしていたので声をかけてみると、「20世紀少年<第二章>のラストシーンの撮影で、バイクの御仁は唐沢寿明である」とのことが判明したのであった。なんでも唐沢氏をはじめとするスタッフたちの控え室として田間宮生涯学習センターが使われて、かの職員は偶然にもトイレに行く唐沢氏と廊下で擦れ違ったそうだが、思ったよりも小柄でやけに顔が小さい印象であった、とのこと。

 顔が小さいせいなのか、あまりに立ち入り禁止区域が広すぎるせいなのか、実はよく顔が見えないが、唐沢氏がバイクに乗って、かなりゆっくりとしたスピードで走ってくるのを、横からクルマの荷台にカメラをのせて撮影している。同じようなシーンを4回くらい繰り返したろうか。1テイク終わるごとに、原チャリはピットインよろしく、2,3人のスタッフが駆け寄って、なにやらバイクに仕掛けをしている。スピードのわりに、やたら砂埃が巻き上がっていると思ったら、バイクの後輪の両脇のサイドバッグの中に砂とガスを充填しているようだ。なるほど、砂をガスで吹き飛ばしているのだ。映画はフィクションだねえ・・・。

 で、である。実は、「20世紀少年」はどうでもいいのだが、この人工的砂埃が実際のスクリーンではどう映っているのかが気になってしょうがなかったのである。結論から言うと、やはり、スピードから比較すると、かなりオーバーアクション気味に砂煙が上がっているので、思わずひとり苦笑してしまった。あと、カメラを載せたクルマがかなり道路の影響で、上下に揺れていたのだが、やはり映像でも、かなり影響が出ていたようだ。これは想像以上にカメラが上下動しているのがよくわかる。

 「へっ、この観客の中に、この種明かしを知っているのはオイラ一人だろうなあ・・・」(観ていたのだから当たり前の話であるが)

 で、実のところ、あまり映画そのものは印象に残りませんでした。原作を読んでいないし、<第一章>を観ていないせいかもしれないが、回想シーンや<第一章>のシーンと現在進行形のシーンがバタバタと入れ替わり、湯水のように豪華俳優陣を使っている割には、なにか落ち着きがなくて、じっくりと感情移入するようなことができなくて、頭の整理が追いつかないのです。ほとんど喜怒哀楽~感情の高ぶりを感じることなく、観終わってしまった感じです。50歳にして不感症?かな・・・

 エンディングロールの撮影協力の部分に、しっかりと「鴻巣市」の文字を発見しました。でも、かなりチッサアーイ! 動体視力の検査にはいいかもネcatface 

| | コメント (0)